Passion

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

情報化社会は慈悲がないって話。言い訳も見栄を張ることもできないのが現代。ああ、残念。 

f:id:t4121aka:20200302181031j:plain


「情報化社会」と言われだして、どれくらいがたったのだろう。

情報化の波は留まることを知らず、とてつもない早さで世界に変化をもたらしている。


それが現代で、これからまだまだ広がっていくのは間違いがない。


さて皆さん、こんなことを思うことがないですか?

 

  • 本当は自分だって・・・
  • チャンスさえあれば・・・
  • 運がなかった
  • 審査員の見る目がなかった
  • 先生がダメだった
  • 指導者が悪かった


自分だって、やればできるんだ。


社長やら、芸能人やら、金持ちやら、

成功者たちを見て、「自分だって本当は・・・」と思ってしまうことは誰でもあると思う。


俺だって思うし、アルコールが入ると、そんなことを熱く語ることもある。

 

でも、残念ながら、
この言い訳というか、見栄張りというか、


「本当は自分だって」ってやつはもう使えない。

 


昔は確かに「運」の部分も大きかったと思う。


運よく誰かに見つけてもらえて世に出たり、運よく好きな仕事に出会えたり。

たまたま良い先生に出会ったり、良い環境に恵まれたり。


だから、運よく成功した人を見て、「自分だって」って思う気持ちは凄く分かる。

「自分にもチャンスさえあれば・・・」って思っちゃうのは自然だ。


でも、今は変わった。


世に出たいなら、自分で自分を世界に向けて発信すればいい。

先生が悪いなら、自分で調べて勉強すればいい。
というか、そもそも良い環境を自分で探せばいい。


それが誰でもできる社会になった。


米津玄師さんも、始めはニコニコ動画で売れたんだぜ?

 

 

ふと思ったんだ。

情報化社会に乗り遅れてはならない。
これからは自分で考えて、実行して、発信することが大切。

てなことを、このブログでは何度も書いてきた。


これは間違ってないんだけど、

よく考えたら、そんなことを声を大にして書いている自分は、既に乗り遅れてるのだろうと。


もう既に淘汰される側の人間なのだろうと。


そんなことを思った。

 

黒字型リストラって知ってますか?


最近は、会社の業績は好調なのにリストラを行う企業が増えている。

決算で増収見込みなのにリストラが行われているのだ。


リストラと言えば、「赤字」「経営不振」ってのが当たり前だったのに、

黒字でもリストラが行われるようになったのだ。

 

黒字なのになんでだよ・・・?

 

という疑問がわくのが普通だと思うけど、

この理由は、今後の人口減少を見据え、売上減を想定して組織のスリム化を図ることと、
AI導入により「人がいらなくなった」こと。


要するに、

仕事が機械に奪われる社会はもう始まってるってことだ。

 

すでにそんな時代になってるのに、

「これからは、こんな社会になる!」
「これからは、こんな能力が必要だ!」


ってことを今さら叫んでる自分はかなり遅れているのだろう。


もう時代は変わっているのだから、本来はその流れに乗ってなきゃダメだったってことだ。

 

こんなことを考えれば考えるほど残念になる。


色んな意味で割と自信はあるんだけどな。


成績も悪くなかったし、仕事もそれなりにできる方だし、運動もそこそこだし、

なにより、今までそれなりに楽しく生きてきた。

 

自分に自信はあったんだけどな。

 

まさか、自分が時代に乗り遅れるとは。


本当に残念でならない。

 

いつもは、ここから「だからこれからはこうするべきなんだ!」とかって熱く語るんだけど、今日は「残念でならない。」が結論なんだ。

 

もちろん、別になにかに悲観してバグレルわけではないし、乗り遅れたことに追いつこうと頑張っていくわけだけど、


でも、すでに乗り遅れていることに対して、残念でならない。

 

それが今の素直な気持ちなのだ。