人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

消費税は社会保障に使われていないのか?山本太郎はバカじゃないけど、山本太郎を応援する人のほとんどは勘違いしてるんじゃないのか?って話。 

投票率50%を割り込んだ参議院選挙。

まったく盛り上がらなかった選挙戦。


唯一、盛り上がりを見せたのが山本太郎

今回の選挙戦で、山本太郎は一部民衆の熱狂を生んだ。


彼の理論は是か非か?

ってことも少し書くけど、
一番言いたいことはそれじゃない。


山本太郎が正しいか、間違ってるかよりも、

自分で考えずに、調べずに、
無防備に山本太郎を応援する民衆。


そんなバカに向けたメッセージだ!

山本太郎の考え方

今回、山本太郎は消費税について強く語っていた。


消費税が社会保障に使われていない。

5%から上げるときに、
消費税は全て社会保障に使うと決めたのに
実は、社会保障に使われていない。

そんな理論を展開していた。


公の発言は次のとおりだ。


2018年3月28日予算委員会

消費税の増収分(5%⇒8%)の使い道について

政府広報に)消費税は全て社会保障の充実に使いますって書いてあるんですよ。

2014年の増収は5兆円だった。
しかし、社会保障の充実に使われたのは5千億円です。

つまりたったの一割。

はっきり言って詐欺ですよ。

 

選挙演説でも消費税について同様の発言を繰り返した。

5兆円のうち、5千億円しか使われていないと。

 

ちなみに政府広報はこれだ。

f:id:t4121aka:20190725195447j:plain

これに対して嘘じゃないかと。

詐欺じゃないかと主張しているのだ。

 

さらに、法人税収の話を持ち出し、

消費税は社会保障経費に使われず、
法人税減税の穴埋めに使われていると主張した。


大企業の減税のために、
庶民の消費税が上げられている。

こんな理論で選挙戦を盛り上げたのである。


なにか巨悪があって、金持ちが庶民から金を吸い上げる。

映画かドラマのような陰謀論


いかにも民衆に受けそうな理論。


それが山本太郎の発言だ。

 

山本太郎は悪くない。
政治家として、自分の考えを大袈裟に語るのは当然だ。

 

でも、無防備に100%信じることはよくない。

自分で調べずに、
自分に都合よく思考停止する。

そんなことはあってはならない。

消費税は社会保障にしか使えない

それでは、山本太郎の理論を説明していく。

 

まず、大前提として消費税は社会保障にしか使えない。

これは法律で決まっている。

消費税の収入については、地方交付税法に定めるところによるほか、毎年度、制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する経費に充てるものとする。

消費税法第1条2項ー

 

繰り返すが、消費税は社会保障にしか使えないのだ。

安倍政権がどうとか、
自民党がどうとか、
山本太郎がどうとか、

そんなことは関係なく、法律で決まっているのだ。


では、山本太郎は何を言っているのか?


彼はこう言っている。

社会保障充実に使われたのは、たったの5千億円です。


「充実に」がキーポイントだ。

社会保障の「充実」

この資料を見てほしい。

f:id:t4121aka:20190725195537j:plain

https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/7967/attachment/0328-資料2

山本太郎ホームページより。

 

消費税の使い道に関する資料で、

山本太郎のホームページにある資料だ。


この資料にある赤・黄・青・緑の経費。

政府と山本太郎の違いは、
どの経費を社会保障経費に含めるかの違いだ。


山本太郎は、
赤の部分のみが社会保障の充実だという主張。
(5千億円というのは赤の部分)


一方、政府は四色すべてが

社会保障の充実と安定のための経費だという説明。


要するに、両者の違いは黄・青・緑の考え方である。


赤色の経費

赤の部分は、新たに始めた取組。

新規保育園を整備したり、
介護職員の給料を増やした経費が赤の部分だ。


黄色の経費

消費税が上がったら、保育園も病院も老人ホームも経費が増える。

電気もガスも食費も増えるから、その分の経費。


青色の経費。

年金に使う税金分で、
負担割合1/3から1/2への引き上げ分。


緑色の部分

過去の借金の返済。

家庭に例えてみる

このままでは分かりにくいと思うので、
今の状況を家庭に例えてみる。

お父さん 給料20万円

お母さん パート8万円

長男(15歳)中3

長女(10歳)小4

次男(5歳)年長

月28万円で生活する家族。

内訳はこのとおりだ。


食費:5万円
家賃等:8万円
保育料:3万円
パパ小遣い:3万円
ママ 〃 :3万円
長男 〃 :1万円
長女 〃 :5千円
長男塾:1万円
長女塾:5千円
その他:5万円

= 30万円


28万円しか収入がないのに、
30万円かかっている家庭。

足らない2万円はお祖母ちゃんから借りている。


そんな状況の中、

高校受験のために長男が塾を増やしたいと言ってきた。

また、長女も次男も今後さらに金がかかることが予想される。


もう限界。

収入を増やすか、支出を減らすかしないと無理。

借金もこれ以上増やすわけにはいかない。


そこで、ママがパートを増やすことにした。


元々あまり外で働くのが好きじゃないママ。

家族に条件を提示した。


パートの給料は、子どもたちの教育費にしか使わない。
パパの飲み代なんかに使われたらたまらない。

子どものためだけに使うのならパートを増やす。


そして、増えた収入は5万円。

パートの給料は13万円となった。


家計の管理はパパ。

パパは約束通りママにパート分の使い道を説明した。


保育料:3万円
長男塾:3万円
長女塾:1万円
次男習い事:1万円
お祖母ちゃんへの返済4万円
税金 +5千円
長男小遣い :1万円
長女 〃  :5千円

合計14万円


以前と比べて増えた教育費は、

長男塾代 +2万円
長女塾代 +5千円
次男習い事 +5千円

合計3万円。


ママは激怒。

5万円も給料が増えたのに、
3万円しか教育を充実させてないじゃない!


パパはなだめる。

元々、家計は限界だったんだ。

増えた給料を全て教育の拡充には使えない。
生活の安定のためにも使わないと。

増えた全部を新しいことに使ったら、
借金は増えるだけじゃないか。

将来に備えて、借金を減らしながら、
できる限り教育を拡充させるから我慢してくれ。


ママは納得がいかない。

ふざけるな!詐欺だ!
もうパートは辞める。

パートは辞めて足らない部分は、さらに借金をすればいい。

大丈夫、他の家庭に比べたら、うちの借金は少ないから。

考えることの大切さ

ママが山本太郎で、パパが政府だ。


どっちが正しいとか、
どっちが間違ってるとか、

そんなことを言いたいわけではない。


言いたいのは一つだけ。


ちゃんと知ってたか?

ってことだ。


山本太郎は別にいい。

おそらく色々と勉強したうえで、
自分の語っていることの矛盾も分かったうえで
あえて大袈裟に訴えているのだろうから。


でも、

盛り上がってた人たちよ、
熱狂の渦の中の人たちよ、

お前ら、ちゃんと勉強したか?


本当に社会保障に使われていない。

と思ってたんじゃないのか?


消費税は、

全額が社会保障経費に使われているけど、
社会保障経費の「純増」には使われていない。


これが唯一無二の真実だ。

法人税の穴埋め

山本太郎は、消費税について
法人税の穴埋めに使っているとも言っている。


消費税が始まったのが1989年。

1989年から30年間の消費税収合計が263兆円。
1989年を起点とした法人税の減収額が192兆円。


要するに、192兆円も法人税を減らしたのに
消費税を増税するのはおかしい。

こんな理屈だ。


これもどっちが正しいとか、
間違ってるとかはどうでもいい。


これは単純な数字のマジックにすぎない。


平成元年からの法人税の推移をまとめた。

f:id:t4121aka:20190725200507j:plain

このように法人税は徐々に減税されている。

平成元年に40%だった税率は、
平成27年には23.9%になっている

確かに山本太郎の言うように法人税は安くなっている。

 

でも、税収が下がったのは率だけの問題ではない。
 
法人税は、企業の業績によって増減する。

景気低迷による税収減少分と
税率減による減収分を一緒に考えてはダメだ。


山本太郎の理論は、これがごっちゃになっている。


確かに、基本税率自体も下がってるが、
法人税収減収の大きな要因は不景気だ。


日本の企業が弱くなったから税収が下がったのだ。


そんな企業に対して、


減税して企業を助けるという考えが政府。

企業からもっと税金を取って、
庶民を安くしろというのが山本太郎

単純にそれだけの話だ。

 

穴埋めがどうのって話ではない。


なお、グローバルな現代において、企業は国際競争にさらされている。

当然、他国より法人税が高い国の企業は不利となる。


そして、先進国のほとんどは20%前後の法人税率を設定している。

それが事実だ。


以上、法人税の穴埋め云々は、数字のマジックにすぎない。

結果として、法人税減収額と消費税総額は近い金額だというだけだ。


そして、これの矛盾(バブル絶頂期を起点にしてること)は、
山本太郎本人も分かっているだろう。

勉強しよう


なあ、みんな、正しい知識を持って盛り上がってるのか?

特に、山本太郎を応援する人たちよ、

色々と分かって発言してるのか?


お前ら、独裁は嫌いなんだろ?

安倍一強政治に怒ってるんだろ?

安倍の説明が足らないって怒り狂ってるんだろ?


じゃあ、お前らが応援する山本太郎

彼の言っていることを、そのまま鵜呑みにするのはなぜだ?


自分と合う人の話は、むやみに信用して、
合わない人は内容も調べずに批判。


そんなのダメだろ?


声を上げるなら、基本的なことは勉強しよう。


誰かの考えに追従するのではなくて、
ちゃんと自分で調べて考えてから発言しよう。


そんなことを思った山本太郎フィーバーだった。