Passion

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

【驚愕の事実】早生まれは損?Jリーガーとプロ野球選手の人数を誕生月で集計した結果が恐ろしい。

何月何日に生まれたのか?


そんなどうでもいいことで、
実は、人生に差がついていたとしたら怖くないですか?

 

生まれた瞬間から有利・不利が決まってるとしたらどうですか?

 

でも、どうやらコレマジっぽいのです。

 

日本人は『何月に生まれたのか?』で、かなり差がありそうです。

 

これは星座や生年月日の占いなどオカルトの話ではありません。

 


今回、様々なスポーツ選手の生年月日を調べました。


その結果、とんでもなく恐ろしい数字がでました。

 

プロスポーツ選手は、生年月日によって明らかに偏りがあります。

 

気がついている人もたくさんいると思いますが、『仕方ない』で片付けられてきたこの問題。

 

成長に関係なく『同学年』というくくりが絶対視される社会が生み出し続けている不平等。

 

仕方ないで済ませてはダメだと強く思っています。

 

プロスポーツ選手の誕生月

Jリーガーの誕生月

 まずはJリーガー。

Jリーガーの誕生月別の人数は次のとおりです。

f:id:t4121aka:20190905195548p:plain

Jリーガーの誕生月別人数グラフ

顕著に偏っていることが分かると思います。

明らかに、学年の前半(4月から9月)に生まれた選手が多い。

 

これを四半期別にすると次のとおり。

 

f:id:t4121aka:20190905195822p:plain

Jリーガー誕生月四半期別人数グラフ

 

より偏りが分かります。

こんなに差があるってヤバくないですか?

 

f:id:t4121aka:20190905195926p:plain

Jリーガー誕生月半期別人数円グラフ

 

数字で言うと、Jリーガーの誕生月は、上半期生まれ358人、下半期生まれ168人です。

Jリーガーには、上半期生まれと下半期生まれの選手の数に2倍以上の開きがあります。

 

プロ野球選手の誕生月

次はプロ野球選手。

プロ野球選手の誕生月別人数は次のとおり。

f:id:t4121aka:20190905200336p:plain

プロ野球選手誕生月別人数グラフ

 

プロ野球選手は、Jリーガーほどの偏りはないけど傾向は同じです。

上半期生まれが多くて、下半期生まれが少ない。

 

四半期ごとと半年比較のグラフは次のとおりです。

 

f:id:t4121aka:20190905200527p:plain

プロ野球選手誕生月四半期別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905200605p:plain

プロ野球選手誕生月半期別人数円グラフ

Bリーグ【バスケットボール】選手の誕生月

バスケットボールは、さらに偏りは少ないが、やはり傾向としては同じです。

上半期と下半期を比べると上半期生まれが多くなっています。

f:id:t4121aka:20190905201132p:plain

Bリーガー誕生月別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905201242p:plain

Bリーガー誕生月四半期別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905201324p:plain

Bリーガー誕生月半期別人数円グラフ

Tリーグ【卓球】選手の誕生月

卓球も同じ傾向。

f:id:t4121aka:20190905201646p:plain

Tリーガー誕生月別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905201734p:plain

Tリーガー誕生月四半期別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905201811p:plain

Tリーガー誕生月半期別人数グラフ

陸上選手の誕生月

陸上は、公式ホームページの選手名鑑に載っている選手を集計。

引退した選手も含まれているのでご注意を。

f:id:t4121aka:20190905201940p:plain

陸上選手誕生月別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905202022p:plain

陸上選手誕生月四半期別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905202056p:plain

陸上選手半期別人数円グラフ

陸上選手は、そこまでの差はないが、

やはり前半に生まれた人が多いのは同じ。

柔道選手の誕生月

柔道は連盟の指定強化選手A・Bの選手を集計しました。

f:id:t4121aka:20190905202228p:plain

柔道選手誕生月別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905202302p:plain

柔道選手誕生月四半期別人数グラフ

f:id:t4121aka:20190905202356p:plain

柔道選手誕生月半期別人数円グラフ

なぜ誕生月で偏りがあるのか?

以上、凄い偏りだと感じませんでしたか?

 

特に競技人口が多く、統計的に正しい数字が出やすいサッカーと野球で顕著な差が出ています。

 

ちなみに、月別の出世者数には偏りはありません。(そもそも4月生まれが多いなんてことはない。)

 

考えられる理由は2つしかありません。

 

『4月から9月に生まれ方が運動神経が良い子供が生まれやすい。』か『育成過程において有利、不利がある。』

 

このどちらかです。

 

というか、分かりますよね。

生まれ月によって運動神経が良くなるなんてことはありません。

 

 

偏りの理由は、育成過程にあります。

 

少年期の「メンタル」が大きく影響していると思います。

 

早く生まれた子は、心も体も早く成長します。

 

これは当たり前のことですが、問題はこの成長の差を教育や育成が考慮しないことです。

 

人より早く生まれれば、人より早く成長する。

心と体の成長が早い人は、そうじゃない人より早く上達する。

人より早く上手くなったら自信がつく。

自信がつくと、そのスポーツが楽しくなる。

そのスポーツが楽しくなったら練習する。

練習したら、さらに上手くなる。

さらに上手くなったら、さらに自信がつく。

 

早く生まれた子の多くには、こんな好循環が生まれます。

 

また、調べれば分かると思いますが、年代別の県選抜チームなども同じです。

明らかに上半期生まれの子供が多く選ばれています。

 

上に書いたように、上半期生まれの子供は、ただでさえ有利なのに、さらに選抜チームなどで経験を積める可能性が高いのです。

 

一方、遅く生まれた子の多くは、この反対。

 

人より上達が遅いから自信を失ってしまう。

自信を失うと、そのスポーツが楽しくなくなる。

楽しくなかったら練習しない。

 

そんな悪循環に陥ってしまいます。

 

成長途上の子どもたちにとって、数ヶ月の生まれの差は、大きな差です。

 

また、成長スピードには個人差もあります。

 

4月生まれと3月生まれは約1年の差。

 

努力や根性で追い付けるものではありません。

 

物心ついたときに、『人よりできる』と自信を深めた子と、『人より劣っている』と自信を失う子がいます。

 

本来は、同じ成長レベルで比べるべきなのに、『学年』というグループが絶対視されて、子供たちはその中で比較されています。

 

これが日本の現実です。

ハッキリと数字に出ています。

 

上の各スポーツ選手の偏りは、この理由以外に理由が見つかりません。

 

 

今回は、スポーツ選手について調べたけど、大学の進学率でも同じ傾向という研究結果もあります。

 

恐ろしくないですか?

この現状が放置されているって恐ろしくないですか?

 

調べれば、平均年収にも差があったりして。

遅く生まれた子へ

学年の中で遅く生まれた子は不利なことが多い。

でも、絶対に無理ってわけではありません。

 

問題はメンタルだけです。

体の成長レベルは絶対に追い付きます。

 

要するに自信さえ失くさずに楽しくできればなんの問題もありません。

 

また、不思議ですが、Jリーガーは少ないけど、日本代表は多かったりします。

 

遅く生まれた子は、飛び級してるようなもので、ほぼ年上に混じって頑張ってるってことです。

 

メンタルさえ強く保てば、むしろそれはいい経験となります。

 

いつか絶対に追いつくのだから、絶対に諦めてはいけません。

 

そして、周りの大人たちの声掛けが重要です。

遅く生まれた子が、自信を無くさないような声掛けを心がけましょう。

 

遅く生まれただけで失われる才能があるのだとしたら。

それはとてつもなく悲しいし、とてつもなく不利益で不公平なことです。