人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

子供へのスマホの影響を考える。スマホが問題なのか?思春期が問題なのか?家庭が問題なのか?社会が悪いのか? 

f:id:t4121aka:20191127170408j:plain


大阪で小学校6年生の女の子が誘拐された事件。

35歳の伊藤仁士容疑者が逮捕された。


栃木県に住む伊藤容疑者と大阪の女児。

二人は、SNSTwitter)を通じて出会ったとのことだ。


そして、テレビでは連日「スマホは何歳から」議論がされている。

こういう事件が起こると必ず巻き起こる「スマホは何歳から」議論。

 

過去にこんなことを書いた。

www.taka.work


基本的には、「何歳からでもいい。」って意見を書いたんだけど、
今回の事件を受けて、ちょっと迷っている。


「確かにヤバイかも。」


そんな風に感じている。


今日は、もう一度「子供にスマホは何歳から?」を考えてみたいと思う。


※誘拐事件とこの記事は関係ありません。

思春期や家出の話が出てきますが、被害者の女の子のことではありません。

 

思春期

皆さん、家出を考えたことがありますか?


思春期を思い出してみてほしい。


「うっさいわ!ばばあ!!」
「こんな家もう嫌だ。」
「早く家を出たい。」
「マジでオヤジがうぜえ。


こんなことを思ったことがある人は多いのではないか?


そして、

家出してやる。


こんなことを思った人もたくさんいるのではないか?

 

実際に、自分も家出したことがある。
(寒くてすぐに帰ったけどw)


思春期・反抗期は誰にでもあるし、
そんな風に思うことはあるあるだ。

 

思春期・反抗期の中二病は、健全な成長の一部だし、誰にも止めることができないのだ。

家出を助ける人

昔は、家出しても行くところがなかった。


お腹は空くし、寒いし、暑いし、

せいぜい近所の公園で一泊するくらいしかできなかった。


家出する=「ひとりぼっち」だったから。

すぐに暖かい家に帰りたくなっちゃってた。


でも、今は違う。

インターネットを通じて色んな人と出会うことが出来る。


当然そこには、良い人も悪い人もいる。


もし、思春期全壊の中二病家出ヤローに悪い大人が近づいたら・・・


「お父さん、厳しいの?学校に行きたくないの?」

「じゃあ、うちに来なよ。学校なんて行かなくていいし、お金もたくさんあげるよ。」

「毎日、ゲームでもなんでも好きなことをして過ごせばいいよ。」


どうだろうか?

どう考えたって危ないよな。


親と喧嘩したときなんかに、

SNSで「こんな家、もう嫌だ!家出してやる!
と投稿する。


それに対して、悪い大人が甘い言葉で誘い出す。


こんなことがあるとしたら、本当に危ないと思うんだ。

スマホを禁止にする?

でも、危ないからスマホを持たさない。

というのは、やっぱり違うと思うんだ。


そこまで制限するのもどうなのかと。


自分はそんな考え方だ。


でもさ、思春期のこと、反抗期のこと、

そんなことを考えると不安になる。


子どもは社会全体で守らなければならない。

それは間違いないことだから。

答えが分からない

子どもにスマホは何歳から?

自分は、今はこの答えが分からない。


どうすればいいのかが分からない。


ただ、一つだけ間違いないのは、結局は親が判断することになるってことだ。

親が自分の子どもを見て、しっかりと判断するしかないのだろう。


「みんな持ってるから。」

「持ってないと仲間に入れないから。」

「部活のスケジュールも全部LINEでやってるから。」


スマホを持つ理由は次から次に子どもから親に投げかけられる。


全国の保護者は本当に悩みに悩んでいることだろう。

 

安全に安心して子どもがスマホを使えるように、自分ももっとしっかり考えたいと思う。