人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

将来の日本は国民全員が生活保護受給?暇人こそ情熱的?って話

 

2ちゃんねる創設者の西村博之さんがこんなことを言っている。

 

働くのがしんどい人がどんどん申請して、生活保護を受給していけばいいんです。

そうやって、役所が決めた生活保護の水準を上げていくんです。

 

仕事をしたくなければ生活保護を受給すればいいんじゃね?

 

こんなことを言っているのだ。

勤勉な日本人には、なかなか出てこない発想だ。

 

本当にそんなことになったらどうなるのか?

誰も働かない世の中。
仕事をするのもしないのも自由の社会。

そんなことが可能なのか?

 

自由に生きるがテーマのこのブログ。
このネタを取り上げないわけにはいかない。

 

国民全員が生活保護

そこにあるのは、自由か?国の崩壊か?

 

f:id:t4121aka:20190610195936p:plain

生活保護制度とは?

まずは簡単に生活保護制度を説明する。

生活保護制度とは、生活困窮者の生活を支援する制度だ。

 

憲法に規定されている「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するための制度で、生活費の現金支給の他、家賃や医療費などが支援される。

 

金額は、地域や年齢によって違うが、単身世帯で月約6万円~8万円ほど。
これにプラスして、家賃が約3万円~5万円支給される。
そのほか、医療費や介護保険、保育料などは全て免除(タダ)となる。

 

なお、母ひとり子ひとり世帯では、生活費と家賃を合わせて15万円~20万円弱が支給される。

医療も介護も保育も全て無料で、20万円弱がもらえるということだ。

 

生活保護制度の矛盾

今の生活保護制度には矛盾がある。

 

頑張って働く低所得者と、生活保護受給者の収入に差がないのだ。
医療費や家賃を考慮すると、逆に生活保護受給者が経済的に豊かな場合もある。

 

月収15万円でパートを頑張るシングルマザーよりも、生活保護を受給するシングルマザーの方が楽かもしれない。

 

安い給料で働くなら、働かない方が楽な生活ができるのだ。

 

また、年金の未払い問題もある。

若い頃に頑張って働いて年金を納めてきた人は、退職後、年金で生活する。


でも、若い頃に年金を払わずに遊びに浪費してきた人には年金の支給がない。
退職後、年金がないから生活保護で生活する。

 

年金を払った人も、払ってない人も、どっちみち公的なお金で生活をする。


まるで払った人が損をしているかのような社会保障制度になっている。

こんな時空を超えた不公平感もあるのだ。

 

当然、こんな制度では反発が生まれる。

 

そして、この矛盾と反発は、

 ・生活保護が必要な人が申請しにくくなる。

 ・働いている人が労働意欲をなくす。

こんな2つのマイナスを生んでいるのだ。

 

また、高齢化社会の進展に伴って、生活保護費は右肩上がり。

 

厚生労働省の資料によると、生活保護費は、

平成18年度、2兆6,333億円だったものが、
平成27年度には、3兆6,977億円となっている。
↓8ページ参照

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000164401.pdf

 

そもそも、ちょー大金を使っているのに、それが物凄い勢いで増加している、

 

このままで大丈夫か?ニッポン。

そんな気持ちになるのが普通だろう。

 

このように、生活保護制度に課題が山積みなのは間違いがない。

 ・必要な人が申請しにくい
 ・労働意欲をなくす
 ・国の財政やべえ

生活保護制度は、3つの大きな課題を抱えているのだ。

 

生活保護の課題の解決策

この課題の解決策は、単純に2択だ。

 生活保護費を減らす
 ・全員に生活保護費を支給する

どう考えてもこの2つしかないだろう。

 

生活保護費を減らす

まず生活保護費を減らすことを考えてみる。

 

保護費を減らせば、反発は減る。

労働意欲の問題も解決するかもしれない。
まあ、意欲と言うより労働を我慢する人が増えるだろう。
働かないと生活が今より厳しくなるのだから。

そして、当然、国の財政も助かるだろう。

 

一見、課題が3つとも解決に向かうように見える。

でも、単純に「じゃあ減らせばいいんじゃね?」というわけにはいかない。

 

そもそも、いくら減らすのか?って問題がある。

 ・いくらなら、最低限の生活が送れるのか?
 ・いくらなら、低所得者から反発が起きないのか?
 ・いくらなら、労働意欲が保たれるのか?

こんなこと決められるのか?

 

また、ある意味、生活保護費も経済のサイクルの一つだ。

 

3兆円以上の税金が市場にばらまかれているのだ。
金持ちから徴収した税金を、市場に再分配しているという見方もできる。

その金額を一気に下げたとき、経済は大丈夫なのか?という不安がある。

 

生活保護費を減らすことは、対処療法的に課題の解決に向かうかもしれない。

でも、新たな課題が生まれるだろう。

 

また、そもそも、

「働かないと生きて行けないよ。」という、

強迫観念で国民を働かすことが良いことかどうか、議論が分かれるところだ。

 

全員に支給する

逆に全員に支給すればどうなるだろう?

生活保護を全員に支給と言うと過激に聞こえるけど、要するにベーシックインカムを導入するということだ。

国民全員に、最低限の生活費、一律〇万円を支給するのだ。

 

反発は間違いなく解決する。
全員に配るんだから、怒る必要はないだろう。

労働意欲は、さらに下がるかもしれない。
てか、働きたくない人は堂々と働かないだろう。

さらに、国の財政はオオゴトに!!

 

普通に考えればこうだ。

 

しかし、西村氏はこう語る。

(全員に)月々の生活費が保障されれば、「お小遣い程度で働けばいい」と低い時給が受け入れられるようになります。

すると、時給が300円くらいに下がって、海外との価格競争に勝てるようになる。

そうやって利益を上げた企業に納税してもらって財源とする。というのはどうでしょう。

時給が下がれば商品価格も下がるので、(配られるお金は)少ない金額でも快適に暮らせるようになりますよ。

 

突拍子もない考えだけど、なるほどなと。

生活には困らない金額を国から貰えるとなると、

 ・働きたくない人は働らかない。
 ・小遣いが欲しい人は少し働く。
 ・金持ちになりたい人、仕事が好きな人は、働きまくる。

そしたら、結果として、人件費が下がって、物価も下がって、企業は設けて、税収は上がると。

 

3つの課題で言うと、

反発は当然なくなる。

労働意欲は、無い人に無理に持たせる必要がない。
ある人だけ働けばいいでしょうと。

国の財政は、税収増で賄う。

 

ぶっ飛んでるけど、新しい考え方だ。

 

アイディアが生まれるとき

また、こんなことも言っている。

やりたい仕事があるわけではなく、とにかくお金がなくて不安なら、生活保護の申請をしましょう。

生活の不安がなくなって、時間にゆとりができれば、何か新しいアイディアが生まれるかもしれない。

あの「ハリーポッター」第1作も、シングルマザーが生活保護を受給しながら書いた作品なんですよ。

 

金銭的な不安が無くて、時間があり余る状況。

そんな状況でこそ、アイディアが生まれるのだと。

 

ご自身が開発した2ちゃんねるについても、テレビやネットでよく言っている。


なんで2ちゃんねるを作ったのですか?

んー、大学生で暇だったから。

 

当時、日本にはまだ、不特定多数の掲示板は無かったと思いますが、そのアイディアはどうして浮かんだんですか?

んー、大学生で暇だったから。

 

これは本当だと思う。

 

もちろん、今でも忙しい毎日の中で、何とか時間を作って何かを生み出そうと努力している人はたくさんいる。

そういう人は素晴らしいし、そういう人が好きだ!

ある意味、このブログもそうやって書いている。

 

でも、もし、もっと時間があれば…

もっとアイディアが浮かぶかもしれない。
もっと多くのことを生み出せるかもしれない。

 

暇こそアイディアの源なのだ!

 

少し違うけど、前に好きなことで生きるための答えを見つけたって話を書いた。
これもある意味、同じ考え方なのかもしれない。

www.taka.work

働くのは強制か?

歯に衣着せぬ発言で賛否両論のある西村博之氏。

 

彼は、根本的に「人間」を信じてるような気がする。

そして、最大限、個人の自由を大切にしているように思う。

 

全員が働かないことなんて絶対にない。
人間は知的欲求もあれば、成長意欲もあるし、承認欲求もある。

いくら生活が保障されても、
偉くなりたい人は、偉くなろうとするし、
儲けたい人は、必死に働く。

ただし、それは強制である必要はない。
偉くなる、儲ける以外に生きる価値観を見出す人もいるんだと。

 

働きたくなかったら、働かなかったらいいじゃないですかー?

こんな感じなんだろう。

個人の多様性と自由を、MAX尊重しているのだ!

 

自由に生きるということ

全員に国が生活費を支給する制度。

みんなどう思うだろうか?

 

多分、反対の人が多いのかな?

 

でも、働かなくていい社会と言うのは理想だと思う。

こう言うと、仕事が生きがいとか言う人がいるけど、それはちょっと的外れだから。

 

だって、働くなってことではないのだから。

どっちでもいいのだ。
働いても、働かなくてもいい。
自分で決めればいいのだ。

何事も自由でいいというのは喜ばしいことだと思う。

 

AIもどんどん発達する世の中。

人の仕事を機械が担うようになる。
人の代わりに機械が稼いでくれるようになる。

 

人はとにかく自由に楽しめばいい。
自分の好きなことをして、遊んで暮らせばいい。

 

「遊び」は人それぞれだろう。

 ・ゲームをしたい人
 ・ぐだぐだ寝たい人
 ・読書をしたい人
 ・スポーツをしたい人
 ・旅行に行きたい人
 ・勉強したい人
 ・仕事をしたい人
 ・社会貢献をしたい人
 ・会社を立ち上げたい人
 ・ブログを書きたい人

自由になると、これが全て同じカテゴリーになるのだ。

全てまとめて「遊び」になるのだ。

みんな好きな事をやっているのだから、ある意味、全て遊びだ。

 

そして、その「遊び」からアイディアが生まれ、新しいビジネスが生まれるかもしれない。

 

プロ野球も、Jリーグも昔はただの遊びだ。
江戸時代に野球が上手いからって収入にはならない。

歌手もお笑い芸人も全て遊びからだ。

大昔は、「すげえ!歌上手いねー!」って褒められるだけだっただろう。

最近では、YouTubeもブログもそうだよな。

 

みんなの遊びが収入になる。

そんな社会、さいこうじゃねえか。

 

俺は、もしそうなったら、今よりも熱く生きていく!

生活費が保障されてるから、何もしないなんてことは絶対にない。

熱く、熱く、色んなことに燃えることだろう。

 

もちろん、すぐにそんな社会になるわけじゃないし、

良いことばっかりではないだろう。

たくさん解決しないといけない課題があるだろう。


でも、少しずつ確実に世の中はそっちへ進んでいる。

 

ソース

headlines.yahoo.co.jp