人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

正常性バイアス対策。人生は正常性バイアスとの付き合い方が大事って話。

正常性バイアスって聞いたことありますか?

 

正常性バイアスとは、根拠はないのに、

「自分は大丈夫!」

こんな風に思ってしまう心理を言います。

  • 災害の危険があるのに避難しない。
  • 自分が犯罪に巻き込まれることはない。
  • なんとなく大丈夫だろう。
 

こんな危険な思考・行動に結びつきます。

実際に災害で逃げ遅れた人には、この心理が働いたのではないかと言われています。

 

正常性バイアスを知っているのと知らないのとでは大違い。

知らないと命を落としてしまう危険があります。

命を守るため、幸せになるため、充実した人生を送るために、

人間は正常性バイアスと上手く付き合っていくことが必要なのです。

 

 

正常性バイアスとは?

正常性バイアスとは社会心理学災害心理学で使われる用語だ。

簡単に言うと、「まさか自分が!!!」という心理だ。

 

災害からの避難行動が典型的な例と言われている。

 

災害から命を守るためには、

早めに安全な場所に避難する。
これがなにより大事だ。

 

これに反対する人はいないだろう。
避難した後で何も無かったって別にいいんだから。

とりあえず避難しておこう。
でいいのだ。

災害対応は空振りを恐れないが基本。

空振り三振はいいけど、
見逃し三振は絶対にダメ!

 

こんなこと誰もが分かってる。
だけど、人の行動は変わらない。

こんなに災害が多いのに、
こんなに情報があるのに、

避難が遅れる。
避難しない。 

そして尊い命が失われていく。

 

まさか自分が!!!ってやつだ。

 
東日本大震災では津波で多くの命が失われた。
津波が迫ってるのにゆっくり歩く人。
そんな映像が多く残っている。

 

自分は大丈夫。
自分は死なない。
自分は事故らない
自分は幸せになれる。
自分は・・・

 

人間はこんな風に思ってしまうんだ。

なんの根拠もないのに。

これが正常性バイアスだ。

 

正常性バイアスの理由

 

 

 東日本大震災の映像を見て、

「なんで早く逃げないんだ?」
って思った人も多いだろう。

それはあなたが普通の状態だからそう思うのだ。
あなたに危険が迫ってないから、
冷静に「早く逃げろ!」って判断できる。

危険がないから正常性バイアスがかかってないのだ。

 

でも自分に危険が迫っているときには、バイアスをかける。
自分にとって都合いいように大丈夫だって思ってしまう。

こんな人いるよな?

台風のときに自分の船を見に行く。
大雨の中、畑が心配で見に行く。
熱中症予防がこれだけ言われてるのに水分を摂らない。

 

人は自分に危険が迫っているかもしれないとき、

自分は大丈夫。

都合よくこんなことを思ってしまうのだ。

 

危険な状況だからこそ、危険を感じないといけないのに、

危険な状況になると、大丈夫だと思ってしまう。

「危険かもしれない」

というストレスから逃れようとするのだ。

 

人間はストレスを極度に嫌う生き物だ。
だからこそストレスを排除しようとする。

 

その結果、自分に危険はないと思い込む。

危険が迫ってるのに、大丈夫だと思ってしまう。
凄く危ないよな。

 

必要だけど邪魔になる

一方で、正常性バイアスが必要なときもある。

真っ暗な道を歩くとき、
怖いよな、心細いよな。

だからこんな気持ちで歩く。

「大丈夫大丈夫。何も起こらない。」

そう思わないと怖くてパニックになるかもしれない。

正常性バイアスはパニックを防止してくれるのだ。
精神を安定させてくれる。

これがないと、日々ストレスとパニックと戦い続けることになってしまう。

ちょっと暗い道を歩くのに、毎回毎回、完全防御態勢で歩くのはしんどいよな。
「いつもの道だし大丈夫だ」って思いたいよな。

正常性バイアスは、心の安定装置として大切な心理なんだ。

 

 

だけど、本当に危ないときには邪魔になる。

ほんと困ったもんだな、人間は。

必要だけど、邪魔になる。
そんな仕組みが組み込まれている。

 

どうすりゃいいんだ?

 

 

とにかく主体的に

結局さ、人間は「楽」をしたい生き物なんだろう。

「大丈夫だろう。」

こうやって自分に言い聞かせて動かない。
それが一番楽なんだ。

できれば避難しない方が楽だから。
大丈夫だって言い聞かせて、家に留まりたいんだ。

本当は危険かもしれないのに。
自分のご都合が勝ってしまうんだ。

 

これって人生でも同じだと思う。
(急に人生の話に変えるスタイルw)

そのうち自分は幸せになれる。
そのうち自分には何か楽しいことが起こるはずだ。

心のどこかでそんなこと思ってないか?

 

楽をしてても、何も頑張ってなくても、
テキトーに生きてても、誰かに流されてても、

なぜか自分は大丈夫。
そのうち楽しくなる。

こんな風に思ってる人はいないか?


残念ながらそんなことはない。

そんなわけない。
何も起こらない。
起こるわけがない。

自分が行動しない限り何も起こらない!

 

だからまずは「楽」を排除するんだ。
「楽」かどうかをどっかにしまって、今本当に必要なことを考えるんだ。

 

とにかくまずは主体的になることだ。

自分をしっかり自分で考えるんだ。

 

目標を決めて、前に前に進むんだ。
前に進んでるときのバイアスはアリだ。

上手くいくかどうか分からないけどチャレンジする。

「大丈夫!きっと上手くいく。」

こう思うのはアリだよな。

 

正常性バイアスと付き合っていく

正常性バイアスは危険だけど必要なときもある。

上手く付き合っていくことが大事だ。

 

上手く付き合うためにはしっかりと考えることだ。
自分の頭で整理して考える。

 

事前の準備も大切だ。
津波の危険がある地域に住んでいる人は、

「揺れたら逃げる」

これを事前に強烈にインプットしておくことが大切だ。

 

いざというときに、

「ここまでは津波は来ない」

こんな正常性バイアスが働いても、それに打ち勝つくらい強烈に「逃げる」ってことを刷り込むのだ!

 

人生も同じ。

自分が行動しないと人生は変わらない。
チャレンジしないと人生は楽しくない。

毎日、自分に強烈に刷り込み続けるのだ!!

 

夢を持つことは素晴らしいけど、
根拠なくでバイアスをかけてはダメだ。

ポジティブは素晴らしいけど、
何も行動しないのはダメだ。

 

人間が元々持っている正常性バイアスを防止する方法はない。

でも、正常性バイアスが必要ないときに、それに打ち勝つ精神力は持っているはずだ。

 

自分にとって本当に大事なことを強烈にインプットし続ける。

そうやって生きていこう。