人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

細かい上司にドロップキック!!お前、もうロボットでいいわって話。 

f:id:t4121aka:20190923194520p:plain


皆さんの職場にもいませんか?


アホみたいに細かいヤツ。


この文章は・・・

でも、こういう場合は・・・

もう少し検討した方が・・・


俺はこんなヤツらが嫌いだ。

てか、生理的に受け付けない。


無理なんだ。

大局を見ずに、小さな小さなことばかりを指摘するヤツが。


「木を見て森を見ず」人間、

そんな奴ってさ、もうロボットでよくね?

お問い合せ先

取引先に文書を送付する際、「お問い合わせ先」として、自分のアドレス、電話番号などを記入する。


そんな文書を送付しようとしていたとき、

驚くべき言葉が上司から出たんだ!!


「お問い合わせ」は、「お問合せ」だよ。

 


え!!!!!!!!!!

 


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 


?????????????????????

 

 

俺は、つい心の底から素直な言葉が出た。


「どっちでも良くね?」


いったい何にこだわってるんだ?

いったい何がしたいんだ?


いったいぜんたい、いったいぜんたい

 


???????????????????

 

 

なんつうか、

「へぇぇぇぇぇぇぇぇ。」

しか言えないわ。


「で?」

って言っちゃったわ。

それしかできない説

多分、この上司はこれしかできないのだ。

細かいことを指摘することでしか存在感を発揮できない。


本当はもっと前をきってグイグイ仕事を進めたいのだろう。


でもデキナイ。

どうしていいか分からない。


それでも何かしなければ。

どうにか存在感を出さなければ。


そんな思いが強くてこうなっているのだろう。


本当に「お問い合わせ」を「お問合せ」に直せなんて思ってないだろう。


人は多様性を持つことが大切だということだ。

何かにコリ固まってはならない。


柔軟な頭で本質を見極めることが重要なのだ。

柔軟でなければいらない

そして、柔軟になれない人はロボットでいい。

細かい狭い視野でしかものを見れない人はいらない。


もちろん一つの分野を極める職人的な人は素晴らしい。


俺が言う多様性とはそういうことではない。


分かるよな?


カッコいい職人と、

ダッサイ細かいヤツの違い、


分かるよな?

自然体でいい

人は自然に生きればいいのだ。

 

前をきってグイグイやらなくても、

存在感を発揮できなくても、

 

自然体でいいのだ。

 

自分にできることを精一杯、

変にカッコつけることなく、自然に普通に頑張ればいいのだ。

 

その方が絶対に輝く。

 

自分を良く見せようなんて思わなくてもいい。

 

ありきたりだけど、

ありのままの自分が1番カッコいいのだ!

 

自然体の自分を受け入れて、

変にカッコつけることなく、

 

でも、それでもモガク。

上へ前へと成長する。

 

自然体の自分の最強クラスへと成長する!

 

うん、それでいいのだ!

 

自然体の最強系へのモデルチェンジ!

素の自分のレベルアップ!

 

それこそが人間だ。

それでこそ人だ!

 

お前はロボットじゃないだろ?

俺は人間だろ?

 

細かいことはロボットに任せてさ、

人は自然に素で楽しもう!

 

自分自身を受け入れて、

自分自身の最強系を目指そうぜ!!