人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

トヨタもアマゾンもパワーポイント禁止らしい。プレゼンテーションの在り方を考えてみる。

f:id:t4121aka:20191112171529j:plain


企画から提案、プレゼンテーションに欠かせないフォーマット「パワーポイント」。


皆さんの会社ではどうですか?


パワーポイント、使ってますか?


見やすさと、動きのあるアニメーション、

何かをプレゼンするには最高のツールだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・


と思っていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さん、知ってますか?


トヨタもアマゾンも社内資料でのパワーポイント使用を禁止しています。


パワーポイントは無駄だと、

普通のテキストでいいじゃないかと、


そういう考えです。

ちょっと驚きですよね!

 

今日は、世界の最先端を行く企業の考え方と、


俺の考え方!!どやっ


を書いていきます。

 

トヨタがパワーポイントを禁止する理由

作り手の作成時間の無駄

トヨタが禁止しているのは、社内向けのプレゼンテーションでの使用だ。


社内向けのプレゼンテーションの目的は、「内容をしっかりと検討する」こと。


だから、アニメーションに頼る必要もなく、装飾を施す必要もない。

というか、「内容をしっかり検討する。」に関係ない装飾は無駄な業務という考え方。


そのため、トヨタではテキストでのプレゼンテーションを推奨している。


テキストで作成することにより、よりロジカルに深く内容を伝える。

また、テキスト化の過程で発表者自身の見識が深まることも狙っている。

読み手が費やす時間の無駄

もう一つの理由として、読み手側の時間の無駄もある。


一見、キレイなスライドは分かりやすいように感じるけど、

パワーポイントは多くの場合、抽象的で簡略化されている。


発表をすることを前提に作られるものだから、

発表者の話を聞きながら、読み解いていく必要がある。


純粋に「読む」ということを考えるとテキストの方が絶対にいい。


パワーポイントは、作り手・読み手、双方に無駄になると、

トヨタはそんな考え方をしているのだ。

アマゾンがパワーポイントを禁止する理由

アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏のことが書かれた

2014年発売「ジェフ・ベゾス果てしなき野望」
日経BP社刊、ブラッド・ストーン著、井口耕二訳)


には、以下のような記述がある。

アマゾンの文化は独特だ。

会議でパワーポイントやスライドによるプレゼンテーションは行われない。


その代わり、6ページの意見書で要点を説明する。


クリティカルシンキングを育むには散文形式の方がいいとベゾスが信じているからだ。


新製品ならプレスリリース形式で文書を作る。


つまり、その提案をどのような形で顧客に提示するのかを形にするわけだ。

パワーポイントは素晴らしいツールだからこそ無駄

パワーポイントは、凝った資料を作ることができる。

パワーポイントは、簡素化、抽象化される。


アマゾンは、これらのパワーポイントの「売り」を問題点だと捉えている。


とにかく作業効率の悪いツールで時間がかかる。

また、抽象化されて誤解を招く可能性があると。


そのような考え方だ。


さらに、会社の中での打ち合わせは「答え」を出すことが目的であり、

答え」が出ないのであれば、その打ち合わせに関わった全ての工程が無駄になる。


つまり、社内資料にパワーポイントを使うと、


資料作りが、

「答えを出すための作業」ではなく、
「いかにキレイなプレゼン資料を作るか」にシフトしてしまい、

時間の無駄になってしまう点を懸念している。

作るのが目的になってはダメ

当たり前だけど、資料は作ることが目的になってはダメなのだ。


目的を達成するための資料でなくてはならない。


逆に言うと、目的が達成できるのであれば、

どんな資料でもいい。


そして、どんな資料でもいいということは、

目的が達成できる範囲で最も時間をかけずに作れる資料がいいということだ。


パワーポイントは、ときに、その逆になってしまう恐れがあるツールだということなのだろう。


どの職場にもいるのではないか。


「パワーポイントばか」


一生懸命、キレイで見やすくてカッコいいパワポを作る人。


うちの職場にもいる。

それで残業しまくっている人が。


とにかく美しい資料にこだわり過ぎる人、

そんな人がどこにでもいるのではないだろうか。

最終的にはどう説明するか。

プレゼンテーションは、最終的には説明だ。

誰が、どのように説明するかが最重要だ。


パワーポイントを作り上げる時間があるのなら、

トーク力を磨いた方がずっといいだろう。


また、パワーポイントを作り上げる時間があるのなら、

説得力を持つ情報をもっと集めた方がいいだろう。


仕事は、結果と効率のバランスが大切だ。


100万円の結果を出すために、

90万円使う人と、30万円しか使わない人。


どっちがいいかなんて考えなくても分かる。


結果にこだわるあまり、経過を頑張り過ぎてないか?


全力でやらないとダメな仕事と、

手を抜いても結果が出る仕事。


そこのサビ分けが仕事の「センス」となる。


いかにセンスよく、効率よく結果を出すか。


仕事の醍醐味はそこだ。


パワーポイントが悪なわけではない。

無駄にパワーポイントを使う人間がバカなのだ!