人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

天皇陛下の即位礼正殿の儀に併せて「恩赦」が行われるらしい。犯罪者の恩赦はいらない!イマドキの恩赦とは? 

f:id:t4121aka:20191016191124j:plain


こんにちは。

台風19号の猛威により甚大な被害を受けた日本。


被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。


そんな中、10月22日には、天皇陛下の即位を内外に宣言する

「即位礼正殿の儀」が行われる。


日本にとっておめでたい日だ。

10月22日は、今年に限り休日となる。


ただ、これに併せて「恩赦」が行われるらしいのだ。


犯罪者を無罪にしたり、刑を軽くしたりする「恩赦」。


いくら国がおめでたいからってどうなんだ?

こんなことする必要があるのか?

 

恩赦とは?

恩赦とは、裁判で決まった刑罰を、

特別な恩典によって許し、または軽くすることだ。


簡単に言うと、犯罪者を無罪にするか、与えられた刑を軽くすること。


過去には、死刑囚が無期懲役減刑されたりもしている。


恩赦は方法によって2つに分けられ、

政令によって一律に行われる「政令恩赦」と、
特定の者に対して個別的な審査の上で行われる「個別恩赦」がある。


また、その内容は次の5種類に分類される。


1 大赦

政令で罪の種類を定め、特定の犯罪者全体について
一般的に刑罰執行権を消滅


2 特赦

特定の者に対し有罪の言渡しの効力を消滅


3 減刑

刑を軽減、または執行を減刑


4 刑の執行の免除

刑の執行のみを免除


5 復権

有罪の言渡しで資格を喪失または停止された者の資格を回復

恩赦の問題点(過去の恩赦と現代の恩赦の違い)

恩赦は、裁判所が決めた刑罰を、内閣が変更するものだ。


いわゆる「三権分立」の考え方からどうなのか?との批判は多いし、

そもそも、犯罪者の刑を軽くする必要があるのかって話だ。


マスコミ各社の世論調査でも、

反対意見の方が断然多い。


恩赦は奈良時代から存在していると言われ、
為政者が国民を懐柔する方法として行われていた。


国のトップが国民からの人気取りでやっていたのだ。


「どうだ?俺って優しいだろ?」

こんなイメージだろうか。


でも、現代では反対の人が多い。

「恩赦」で人気取りは出来ないのだ。


現代は、恩赦を行うのは人気取りではなく、

①法の画一性に基づく具体的不妥当の矯正
②事情変更による裁判の事後変更
③他の方法では救えない裁判の救済
④受刑者の事後の行状等によって刑事政策的な裁判の変更


これらの理由で行われるとされている。


冤罪被害者の救済や、
法改正に対応するため、
服役中の受刑者の優良行動、


こんな理屈で恩赦することが多いとされている。

恩赦狙いの犯罪者たち

昭和から平成に変わるとき、

昭和天皇の病状悪化が報じられたあたりから、
受刑者や被告人の動きが活発になったとされている。


1988年12月6日の朝日新聞には、

恩赦にらむ動き、徐々に上訴取下げ目立つ


という記事があり、恩赦の対象になろうと、

早い時期に刑を確定させる動きがレポートされている。


有名なのが、「夕張保険金殺人事件」の死刑囚。


1984年に暴力団組長とその妻が炭鉱作業員宿舎に放火し、
従業員ら6人を死亡させた事件である。


一審の札幌地裁で2人は死刑を言い渡され控訴したが、
控訴審継続中の1988年10月までに控訴を取り下げた。


これにより、死刑判決が確定。

その後、昭和天皇が1989年1月7日に崩御し、
平成天皇が即位した。


後に、

「恩赦があると誤信して控訴を取り下げた。」

控訴審の再開を求めて特別抗告したが、
最高裁に棄却され、この夫婦は死刑が執行されている。


このように、「恩赦」は、様々な人の色々な行動に影響を及ぼし、

人生を一変させるような凄い力を持った制度なのだ。

恩赦は必要なのか?

ここまで読んでくれてありがとうございました。


皆さん、恩赦ってどう思いますか?


犯罪者を野に解き放ってけしからん!

なんで刑を軽くする必要があるんだ?


今の法律ならもっと軽い刑だったんだから・・・

冤罪かもしれないんだから・・・

服役中は優良な行動をしてたから・・・


賛成ですか?

反対ですか?


自分はハッキリと考えがあります。


「恩赦」はいらない。

「恩赦」なんて必要ない。


こんな古臭い制度は使っちゃダメだ。


国がめでたいことと、犯罪者は別。

犯罪者は刑を全うしてから社会復帰するべきだ。


よく分からない「ラッキー」を与えてはならない。


そんな風に考えている。


冤罪や法改正の影響などは別問題。

別の精度で救えるようにしなければならない。


訳の分からない「恩赦」で救うべきではない。


イマ、恩赦を期待している死刑囚がいると思うとゾッとする。

恩赦を期待している犯罪者がいると思うと心配になる。


でも、この10月には、55万人の犯罪者に対して恩赦が行われるらしい。


政府には、詳細な説明が求められるし、

国民は、しっかりと考えを持たなければならない。

イマドキの「恩赦」を考える

だいたい「恩赦」ってなんなんだよ。


ふざけんじゃねえよ。


どうせなら、国民全員に金を配るとかにしてくれよ!!!


ってのは、冗談だけど、


例えば、借金をチャラにするとか、

住宅ローンを全て国が肩代わりするとか、


どうせならもっと国民が喜ぶ「恩赦」をするべきじゃないのか?


そういう個人の財産的なのが難しいなら、


せめて、


学生の奨学金を返済しなくていいようにする、


そんな「恩赦」をするべきじゃないのか?


そうすれば国民は喜ぶし、

令和の時代の幕開けに希望を抱くかもしれないし、

内閣の人気も出るだろう。


「恩赦」は、しょせん人気取りだろ?


それならそれで、ちゃんと人気を取れよ!

時代にあった、現代的な恩赦をしろよ!


犯罪者じゃなくて、一般国民にこそ「恩赦」するべきだと思うのだ!