人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

マスコミに文句を言いまくる回。木を見て森を見ず。物事の本質を見誤ってはダメって話。

先日、サッカーファンには、最高の場面があった。

 

18歳、久保建英選手の日本代表デビュー。

久保選手は幼い頃から有名。
少年期をスペインの名門バルセロナの下部組織で過ごした。

日本サッカーの歴史上、最も期待されている選手だ。
和製メッシなどと言われている。

 

幼い頃からの「天才」って、だいたい消えていくイメージがあるけど、久保選手は違った。
順調に成長を続け、ついに先日のエルサルバドル戦で、日本代表にデビューした。

 

しかも、なんつうか、凄かった。
堂々と、いつもの攻撃的なプレーをする久保選手。

 

こりゃ、本物だわ。
と思ったサッカーファンは多いだろう。

 

さて、前置きはこのくらいにして、今日は文句を書いていく。笑


物事には本質がある。

経過にこだわり過ぎると本質が見えない。
何かを語るときは、結果から逆算するべきだ。

マスコミのワケワカメの偏向報道も気に入らない。
今回の久保フィーバーの報道も間違ってる。

 

情熱的にダメ出しまくっていく。

※なお、ここからは、選手の呼び方から敬称を略します。

 

久保久保久保

久保のデビューの翌朝。

新聞各紙は、どれを見ても「久保久保久保」。

 

 ・18歳久保、日本代表デビュー
 ・久保建英、衝撃デビュー!!
 ・久保、2選手置き去りシュート!!

 

まさに紙面は、久保一色!

 

ずっと期待されていた若手が、ついにデビュー。
プレーも良かった。


それは分かる。

 

しかしだ!


いいプレーをしたとはいえ、得点はない。
直接的な結果を残したわけではない。

 

この試合。
日本は2対0で勝利した。

日本の得点は2点とも永井謙佑

 

久保のデビューがなければ、間違いなく一面は永井だっただろう。

 

永井にもドラマがある。

永井は、スピード違反とも言われる快足を活かしたプレーで、大学生時代に代表デビューするなど、期待が大きかった選手だ。

しかし、その後、目立った活躍をすることはなく30歳になった。
この間、国際Aマッチ出場数(日本代表の試合)は、たったの6試合。

 ・永井は速いだけ
 ・早いだけで技術がない

こんな風に批判されることも少なくなかった。

日本中に期待されていた大学生は、その期待に応えることなく30歳になったのだ。

 

そんな永井。
約4年ぶりに召集された日本代表。


実に大学生時代に初召集されてから9年。

9年越しの代表初ゴールを決めたのだ。
しかも2ゴールの大活躍。

 

まさに、「永井復活!!」だ!

 

でも、報道は「久保久保久保」

 

おい、新聞記者、お前らバカなのか?

 

久保のことはみんな応援してるよ。
期待もしてるし、出場して嬉しかったよ。
それに確かに良いプレーをした。

 

でもな、お前ら、スポーツ記者なんだろ?

スポーツを観て、書くプロなんだろ?

ちゃんとしろよ!
しっかりと書く記事に情熱を持てよ。

 

芸能ネタはどうでもいいよ。

スポーツ新聞なんだから、面白おかしく書いといたらいい。

 

でもな、スポーツは別だろ?

スポーツ新聞が書くスポーツ記事は「いい」記事を書けよ!

 

今回の一面は、絶対に「永井!」だ。

 

これは選手の好き嫌いの話じゃない。

結果の話だ!
プロスポーツは結果がすべてだ!

 

多分、分かってるんだろ?

なあ、そこの記者。
お前、本当は何を書くべきか分かってんだろ?

 

結果を残した選手をちゃんとヒーローにしてやれ!

それでこそ、スポーツが振興されるんだ!
人気のみが先行するスポーツは強くならない。

 

結果を残した人に、ちゃんとスポットライトを照らすんだ!

 

何かに負けてんじゃねえよ。

仕事はロマンだぜ?

 

論点が分からない人たち

戦争発言で炎上した丸山穂高議員。

 

当時、世論もマスコミも「戦争なんかけしからん!」という議論ばかりだった。

あんな発言をする議員は辞職せよと。

 

もちろん、怒ってもいいし、批判してもいい。

でも、あれはあれで丸山議員の考え方だ。

 

自分と考えが違うからって、「はい、クビー」ってのは違う。

発言内容は、議員を辞めるとか、辞めないとかの話ではない。

 

辞職の論点は、発言内容ではない。

あの件で重視すべきは、アルコール。
酒に酔って、醜態をさらしたこと。
不適切な行動をしたこと。

 

議員辞職をすべきかどうかの論点は、

言動の内容ではなく、
飲まないと誓っていた国会議員が、飲んで暴れたことだ。

 

テレビでは、肩書びっしりの頭の良さそうなコメンテーターが堂々とアホな議論を繰り返す。

 

「この発言、辞職しかないですね。」

 

違うだろ?

確かに、刺激的な発言だった。
「許さない」と感じた人も多いだろう。

 

でも、それで辞めさせるってのは違うだろ?

言論の自由」があるんだ。

 

発言内容は、事実のみを伝え、それに対する賛否を語ればいい。

辞職せよ!って話の論点は違うんだ。

 

www.taka.work

 

これは、スポーツ新聞より闇が深い。

 

多分、スポーツ新聞は分かってやってる。

でも、テレビのコメンテーターは分かっていない。
自分が絶対に正しいって思いが強すぎて、論点が見えなくなっている。

 

川崎通り魔事件のときもそう。

 

「犯人宅の家宅捜索の結果、ゲーム機が出てきました。」

こんなことをメインに報道するマスコミ。

 

で?


としか言いようがないよな。

引きこもり=ゲーム=ネット=犯罪

こんなテンプレートでも作りたいのだろうか…

 

それとも報道のネタに困って無理矢理書いたのか?

もっと仕事にプライドを持てよ!!

 

部屋にテレビとゲーム機 岩崎容疑者の自宅 - FNN.jpプライムオンライン

 

そういうことじゃないだろ、まったく。


これらは結果を大事にするという意識の低さから起こることだ。
結果からの逆算をしないから、論点がぐちゃぐちゃになるのだ。

 

ああ、思い出してしまった。

仕事中にTwitterをしてて怒られたこと。

 

これもそうだ。

 

論点は、Twitterをしてたことではなくて、

俺の仕事の成果だ!

 

www.taka.work

 

拝啓。論点が見れてない人たち様

真実は一つ!!!

あんな小さな子どもでも言ってるじゃねえか。

(中身は高校生だけど。)

 

論点を間違ってんじゃねえよ。

物事をしっかり考えろよ!

 

本質を見極める。

凄く大切なことだと思う。

 

高齢者の交通事故の問題。


報道すべきは、運転手の生い立ちじゃねえだろ?

ご近所に人となりを取材して何がしたいんだ?

「普段どんな方でしたか?」

って、何のために聞いてるんだ?

 

日本全体の社会課題なんだ。

 

高齢者の免許制度をどうするのか?
自動運転で解決を図るのか?

こんな議論をすべきじゃないのか?

 

また、AIが発達したら人の仕事が奪われる。

「人の仕事をどうするんだー!」

って、こんなの本質じゃないよな?

 

議論すべきは、AIが発達する社会で人はどう生きていくかだ。

どう人生を楽しむかだ。

仕事が無くなるとか、無くならないとか、それは小さなことだ。

 

木を見るんじゃない!

森を見るんだ!

町を見るんだ!

国を見るんだ!

地球を見るんだよ!!!

 

大きな本質を見誤らない人間。

俺はそんな人間を目指して生きている!!

 

※いつにも増して、大変、お見苦しい言葉遣い申し訳ありませんでした。