人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

【高知市長選挙】市長選挙に行きつ焼き屋が立候補した話

f:id:t4121aka:20191121163855j:plain


我が地元、四国の高知県高知市

高知市では、今週の日曜日、11月24日に市長選挙が行われる。


同日には高知県知事選挙も行われることになっていて、
大阪の知事・市長選挙に比べると、全然盛り上がってないけど、いわゆるダブル選挙ってやつだ。


さて、その市長選挙に行きつけのお好み焼き屋のオジサンが出馬したのだ!


お好み焼きは旨い!

焼きそばは激ウマ!

お好み焼き屋なのにカツオのたたきも激ウマ!


飲食店の経営者、料理人としては一流!

でも、ハッキリいって普通。

普通のオッサン。


何度か政治的な話も聞いたことあるけど、

ハッキリ言ってダメだ。


何も分かっていない。


でも、思いは持ってそうだ。

勘違いはたくさんありそうだけど、思いはありそうだ。


てか、そもそも、

普通のオッサンは市長になれないなんてルールはない。


でも、自分の考え方とはまったく合わない。


みんな、どう思いますか?


我が町の市長ってどんな人がいいですか?

誰でもいいって思ってますか?

誰になっても変わらないって思ってますか?

高知市長選挙

今回の高知市長選挙には、5人が立候補している。

こんな田舎の市長選挙で5人の立候補、乱立状態なのだ。


当選すれば5期目となる現職と、

元県の職員からの元県議会議員1人、

元市議会議員が2人、

お好み焼き屋が1人。


さて、誰に投票するべきか・・・


ハッキリ言って上の4人は、誰に入れても大差ないだろう。

誰が市長になっても今とそんなに変わらないと思う。


何か抜本的に改革をするわけではないだろうし、

何かをグワッと進めることもないだろう。


唯一、今とガラッと変わるのはお好み焼き屋。

正しいか、間違ってるかは置いといて、とにかく今とはガラッと変わるだろう。
(言ってることは賛成できないことばかりだけど。)

 

自分は、現状は変わらないといけないと思っている。


良くも悪くも変わり映えの無い政治。

今まではそれでよかったかもしれないけど、
もう限界だと感じている。


減り続ける人口と子ども、増え続ける高齢者。

そんな時代に安定的なことしかできない政治家は向かない。


大きく改革するべきだ。


そんな中、市長選挙の候補者は、

今と変わらないであろう4人と、今とは変わるだろうけど賛同できない1人。


そう、5人もいるのに投票したい人がいないのだ。


とは言え、我が町の市長を決める選挙だ。

棄権するわけにはいかない。


どうしようか・・・

市長に必要なこととは?

そもそも市長ってどんな人がいいのだろう?


頭がいい人?

知識が多い人?

政経験が豊富な人?

ただの良い人?

金持ち?

庶民?


俺は思うのだ。

なんだかんだあるけど、大切なのは「情熱」だ。


絶対に妥協しない、変なシガラミに負けない、

そんな強い、熱い「情熱」を持った人がいい。


でも、そんな人が見当たらない。


でも選ばないといけない。


多分、日本全国色んな選挙でこんな状況なのだろう。

「誰に入れていいか分からない」状態。


逆に言うと、

「誰に入れても大丈夫そう。」なほど日本の社会が成熟したとも言える。


とりあえずあと数日、

しっかりと見極めようと思う。


ちなみに同日に行われる高知県知事選挙。


立候補者は二人。

「松本 顕治」さんと「浜田 省司」さん。


「松本 VS 浜田」


もちろん真面目に選ぶけど、

どうしてもダウンタウンの二人のイメージが頭を駆け巡る。


松っちゃんより浜ちゃんが好きなんだけど、

それで選んじゃダメだよな笑