人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

若いときの目標が「肩で風を切って歩きたい。」だったって話。 

f:id:t4121aka:20200316181510j:plain


今までサラリーマンを18年ほどやってきた。


この間、たくさんの色んな仕事をした。


成功も失敗も喜びもツラいこともあった。

徹夜で頑張ったこともあるし、サボったこともある。


本当に色んなことがあったけど、自分なりに頑張ってきたつもりだ。

ずっと熱く働いてきた。

 

若いとき、こんなことを思っていた。


「肩で風を切って歩きたい。」


会社の中を肩で風を切って歩きたいと、そんなバカなことを本気で思っていた。

 

必要以上に誰かに気を遣ったり、誰かの機嫌をとったり、そんなん嫌だなと。

 

もちろん、最低限のマナーは必要だけど、「ここに俺がいるぞ!」と、そんな感じで歩きたかった。


で、今、割とそうなってる気がする。笑


俺は、肩で風を切って歩いている。

「肩で風を切って歩く」とは?

皆さんご存知だと思うけど、一応「肩で風を切って歩く」の意味を説明しておく。


「肩で風を切って歩く」とは、

  • 肩をそびやかして大威張りで歩く
  • 威勢がよくて、得意げに振る舞う

こんな意味だ。


なんというか、一言で言うと、

 

だせえ。

 

なんというダサい振る舞い。

意味を言葉にするとダサすぎて恥ずかしすぎる。


打つのも嫌になるダサさ。

 

でも、俺は肩で風を切って歩きたかったし、歩いてるんだ。

自分が目指したこと

「肩で風を切って歩く」の言葉の意味は上のとおりだけど、自分が目指したことは少し違う。


威張りたいわけでもないし、得意げにしたいわけでもない。

 

でも、下を向いて歩くのはもっと嫌だ。

偉そうにしたいわけではないけど、堂々としていたい。


顔を上げて堂々と働く。

そんなことを目指してきた。

 

仕事を頑張ったのも、出世したとき嬉しかったのも、結局はこの目標に近づくような気がしたからなのかなと。

 

今思えばそんな風に感じる。

 

ゴミみたいに小っちゃくて、

クソガキのようにくだらない、


そんな目標だけど、中二病の自分にはピッタリの目標だった。

どこで満足するのか?

そして、今。

肩で風を切って歩けるようになった。(気がする。)


少なくとも、毎日、堂々と働いている。

 

でも、満足はしていない。

 

それどころか、あのときの目標が本当にクダラナイものだったってことがよーく分かってきた。

 

ダサい自分が恥ずかしすぎるw


最高にクダラナイことに向かって頑張ってたんだなと、自分で自分に失笑してしまう。


でも、人ってそんなもんだよな。


人は、学校や会社などの集団の一員になると、そこの中で認められたくなるもので、それは健全な心だと思うんだ。


承認欲求というものは誰にでもあるものだ。

 

大切なのは、「どこで満足するのか?」ということ。


班で一番、クラスで一番、学校で一番、市で一番、県で一番、日本で一番、世界で一番。


係で一番、課で一番、部で一番、会社で一番。


どこの段階で満足するのか?ということがとても大切だ。


そういった意味では、若い頃の「会社内を肩で風を切って歩く」は、会社で一番を目指してたってことなのかな?


よく分からないし、別に今も一番じゃないけど、少なくとも会社内で「まあまあのレベルになってやる」と思ったのだろう。

 

若いときの自分は、それで満足すると思っていたのかもしれない。

 

でも、今はまったく満足していない。

てか、できるわけがない。


それは会社で一番になってないからではなくて、例え、「誰もが認める会社で一番」になったとしても同じだろう。


そんなのクダラナイ。


そんな思いしか感じないだろう。

 

当たり前だよな。

こんな小さな世界で満足してたまるかと。


会社でどこまでいったとしても満足なんてできるわけがない。

会社内ごときで満足なんてできない。

 

世界は広いのだ。

地球は丸いのだ!(だから?w)

 

これは成長なのかな。

成長したと思っていいのかな?

 

なんか、まあ、色々と分からないし、文章にまとまりもないけど、

とにかく、もっと楽しみたいなと。


人生をもっと楽しみたいなと。


そんな欲からは逃げられないのです。

 

俺はこれからも「肩で風を切って歩く」ことを目指していく。


でも、それは会社内にはとどまらない。

もっと広い世界で、どこに行っても「肩で風を切れるような」そんな生き方をしたい。


注 反社会的勢力的な「肩で風を切る」じゃないからな。


なんというか、輝いて歩きたいんだ!