人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

子どもの成長を考える。息子に負けてたまるか!親として、男として、人として!全世界のオヤジよ、立ち上がれ!って話。

こんにちは。

ただいま日曜日の昼下がりです。

 

日曜日の昼下がりにパソコンと向き合う中年。

ヤバそう、キモそうな感じを想像すると思うけど、
まったく違うから。

 

あー、明日からまた仕事か~。

だるいな~。

暇だなあ~。

パソコンでもつついて現実逃避するかな~。

こんな人生に疲れた親父を想像したと思うけど違うから。

 

なんならイキイキしてるから。

イキイキとパソコンを打ってるから。
って打ちながらニヤニヤしてるから。

あ、やっぱキモイかも笑

 

って話はどうでもいいとして、
いや、よくない。今日はそんな話だ。

 

うちの息子、高校一年生サッカー部。

高校生になってもうすぐ5か月。

 

学校をサボりだした時代を乗り越え、
何とか高校に行けています。

www.taka.work

でさ、最近さ、

息子が輝いてるんだ!

 

15歳、今から10年くらいが一番いい時代なんかな?

とにかくさ、キラキラ輝いて、エネルギーが溢れてるんだ。

 

もちろん、嬉しい。
我が子が輝いている姿を見て、喜ばない親はいない。

 

でもさ、悔しいんだ、羨ましいんだ!!

なんせこの情熱中年サラリーマン、
自称、生涯中二病だからさ。

 

そんな息子を見て、

負けてたまるか!って気持ちになるんだ!

 

オヤジとオバハンのみんな!

俺たちも輝こうぜって話を書いていく!🔥

www.taka.work

レギュラー奪取?

息子の高校のサッカー部。
各学年に20人ずつくらいの約60人が在籍している。

 

サッカーは、11人でやるスポーツ。

1年生がレギュラーに食い込むのは至難の業だ。

 

特に息子は、ようやく成長期を迎えた感じで、
体は、小さくて華奢だ。

高校生ともなると、オッサンみたいなゴッツイ奴はいっぱいいるし、
少年から青年への変化中ナウの息子には厳しいステージだ。

 

実際、今までは2軍での活動が多かった。
(60人を3軍に分けている。)

 

そんな息子たが、

昨日、試合から帰ってきたとき、いつもと様子が違っていた。

 

 

レギュラー取ったかも!!

帰ってきて、いきなりのハイテンション!

 

 

え?
な、なんの話だ?

吉本があれだから芸人の枠でも空いたのか?
テレビでも出るのか?

 

そんなわけないろ!

部活!!
サッカー!!!

 

そういや、宮迫はサッカーしてたな。笑

って、どうゆうことだ?

 

今日の試合、スタメンで出た!

プレーも手ごたえあるし、顧問にも褒められた!

 

そゆことな。
よかったじゃん!

で、何点入れたの?
(なんという安易な質問w)

 

い、いや点は入れてないけど・・・

 

それでレギュラー奪取って甘くないか?

でも、ま、使ってもらえて一歩前進か!?

 

そうそうそう!

やっとやー!

やっとスタメンで出れたわあ!!

明日も試合やき、明日は点入れるわ!

 

終始ご機嫌の息子とこんな会話をした。

ちなみに、吉本のくだりは実話だw

青春全開!輝いていた!

ハッキリ言って大したことない話だ。

初めてスタメンで使ってもらえた。
それだけのことだ。

後で聞くと、先輩に怪我人もいたそうだし、
レギュラー奪取というわけではないだろう。

 

それに、大人的に変な言い方をすると、

別にプロになるほど凄いわけでもないし、
金になるわけでもない。

 

サッカーで試合に出れた?

だから?って話だ。

 

でも!!

 

間違いなく、息子は確かな一歩を進んだんだ。

 

そして、その話をマシンガンのように、
嬉しそうに話し続けた息子。

 

なんつうかさ、

輝いてたんだ!

 

イキイキしてさ、もう青春オーラにやられそうになってさ、

すっげえなと、若さってすげえなと。

 

改めて、若さの素晴らしさを認識したりしてさ、

なんだか、負けてられねえなと。

そう思ったんだ。

親として、男として、人として

もちろん、親としては嬉しい。

別にレギュラー奪取がどうとか、そんな興味ないけど、
息子が輝く高校生活を送ることは本当に嬉しい。

 

学校をサボるだのなんだの言ってたことを考えると、

本当に良かったと思う。

 

さらに男として、頼もしくも感じた。

今は男女平等の世の中だけど、やっぱり強い男じゃないとな。

先輩とのレギュラー争いをしている息子。
頼もしいなと。

こっちも、バカな管理職にビビってる場合じゃないなと。笑

 

そして、何より人として悔しかった。

輝く息子が羨ましかった。

なんでもいいんだよな。
金になるとかどうとかよりも大切なこと。

自分が好きなことに全力!!

少しずつでも前進していく。

 

人が輝くのはそんなときだよな。

全世界のオヤジたちよ!

 

若いって素晴らしい。

青春って素晴らしい。

 

そんなことは分かってる。

俺にもそんな時代があった。

 

でもな、今も素晴らしいんだ!

オヤジになった今も素晴らしく出来るはずだ!

 

負けてたまるかよ。

10代のガキにさ、輝き対決で負けてたまるかよ

 

体力対決では、もう勝てないだろう。

でも、輝き対決では勝てるはずだ。

 

とことん人生を楽しむんだ!

もっと自分を解き放つんだ!

 

5か月間、少しずつ顧問にアピールを続けた結果が
昨日の試合なのだろう。

 

参考にしよう。

真似をしよう。

 

少しずつ、前に進めばいいんだ。

少しずつ、ずっと継続するのだ。

 

頑張ろう。

 

今の俺にはブログがある。

ブログは本当に楽しく書けている。

 

でも、もっと楽しもう。

もっと輝こう。

 

いつか息子に自慢できるような、

そんなブログになるように続けよう。

 

自分の子どもが輝くとき、

親は喜びとモチベーション、二つのことを貰えるのだ。

 

ぜってえ、負けねえ!!!!