人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

楽しく生きるためのキーワード「一心不乱」。

f:id:t4121aka:20190827162453j:plain

こんにちは。


最近、朝活を始めたいと思っています。

自分が運営するもう一つのサイト、
少年サッカーのブログを朝に書きたいなと。


そんなことを思って1ヶ月。

そう、はや1ヶ月が過ぎました。


朝活をしたい → なんとなくやってない。

これを繰り返すうちに1ヶ月です。


もし、1ヶ月前に始めていれば、
今より30記事ほど多く書いていることになります。


そういうことだよな。

人生ってそういうことだよな。


やろうと思ったことはすぐに実行。

そう誓ったはずなのに出来ていない。


俺の39年間の人生の縮図が表れている。


だからやろう。

毎日は厳しいかもしれないけど、とにかくやってやろう。


ということで、今日はやったぜ!

朝、サッカーの記事を書いてアップした。


これを続けるのだ!

ハマれ、朝活にハマれ俺!


ということで、今日は何かにハマるということを書いていく。


大昔から言われていること、

一生懸命頑張れ!
無我夢中でやれ!


これは今でも変わらず大切なことだ。


「イマドキ」のビジネスマンも、
そこだけは昭和の価値観と同じことを言う。


ホリエモン西村博之も言っている。


何かにハマれと。

何かに一心不乱になれと。

一心不乱とは

何かに一心不乱になってみたい。

一心不乱になれるものに出会いたい。


誰でもそんなことを思うだろう。

そんなものが見つからずに悩んでる人も多いだろう。


一心不乱の意味は、まさに字のまんま。

一つのことに集中して、他のことのために心の乱れることがないこと。


集中する、夢中になる、没頭する、

とにかく何かにガガガガガーーっと。


そんな状況のことだ。


子どもにはよくあるよな。

何かに夢中になって、誰の声も聞こえないみたいなとき。


そんなものに出会って、さらにそれが収入になる。


みんな、そんな生活を夢見てるんじゃないだろうか?

目移り

でも、そんなものに出会える人は一握りだ。

ほとんどの人はハマるものを探し続けて終わる。


世の中で流行っていること、

自分を満たしてくれそうなこと、

簡単に稼げそうなこと、

そんなものたちに、アレコレ目移りしてしまう。


目移りして、やってみて、ハマる前にやめて・・・

人生がまったく定まらない。


安定してるし、特別に困ることも無いけど、

どこか充実しない、何かに悩む。


そんな人が多いだろう。


分かるぜ、めっちゃ分かるぜ!

俺もそうだから。


俺もずっとそうだったから。

ブログは一心不乱にやっている?

今でもそうだ。

一心不乱にブログにハマってるかと言われればそうでもない。


凄く楽しんでるし、始めた頃よりはサイトも成長してきたけど、

一心不乱かと言われるとそうでもない。


でも、思えば始めた頃は一心不乱だったように思う。

ブログのことばかりを考えていた。

 

でも今はそうじゃない。

一心不乱だったことが、一心不乱じゃなくなった。

 

これはダメなことなのだろうか?


イケナイことなのだろうか?


そうじゃない。

別にいいんだ。


というか、そんなものだ。


余裕ができたのだ。

一心不乱にやった結果、自分のレベルが上がって余裕ができる。


要するに、俺は一つ階段を上がったのではないだろか?


①一心不乱になれるものを見つけた。(ブログ始めた)

 ↓

②一心不乱に頑張った。(ブログ続けた)

 ↓

③一心不乱では無くなった。(余裕ができた)

 ↓

④でも続けている。(ブログは続けている)


大切なのは④だ。

飽きたからやめるようなものじゃないことを見つけることが大事なのだ。


一心不乱じゃなくなったけど続けられる。

本当に好きなことはそういうことだ。


だから、続けながら新しいことも始めようと思う。

今の俺は一心不乱にならなくても、一定レベルのブログは書けるから。


それぐらいのレベルアップはしたはずだから。

そう信じて、もう一歩進もうと思う。


また新しいことを見つけよう。

新しく一心不乱になれることを見つけよう。

 

ブログは続けるし、好きだけど、一心不乱ではなくなったこと。

 

「元一心不乱なこと」だ!


そうやって「元一心不乱なこと」を増やしていこう。

「元一心不乱なこと」をたくさん持とう。


元一心不乱で、今でも継続していることを多く持つんだ。


ん?

元一心不乱、なんか略したいな笑


元乱?

元一乱?

元一不?

元心乱?

元一心?


響き的には、元一乱が良さげだけど、なんだか不埒だw

うむ、略すのはやめとこうw

不安を忘れるくらいに

まずはガーっとやること、

とにかく一心不乱になること。


そうなれば何の不安も感じないはずだ。

運だとか才能だとか、そんなことを考えないはずだ。


てか、そんなものは二の次、

とにかく汗をかきまくるのだ。


そして、一心不乱期間を過ぎると、また気になりだす。

不安が生まれてくる。


一生懸命、コツコツやって報われるのか?


こんな不安が生じるだろう。


それを突破しよう。

その感情を打ち破ろう。


別にいいんだ。

やってることが何の役に立たなくたっていいんだ。


お前はやったんだろ?

一心不乱にやったんだろ?


それだけで絶対に成長している。

それがどうなるかなんて小さなことなんだ。


やるってことが、がむしゃらになるってことが輝くんだ。

未来を想像しよう

今、自分の未来を想像したらどうだ?


明るい未来が見えるか?

暗い未来が見えるか?


その未来はお前の積み重ねだ。

未来とは、お前の想い出の積み重ねなのだ。


もっと純粋になろう。

ピュアになって爆発しよう。


がむしゃらに、がむしゃらに、

時間を忘れてチャレンジし続けよう。


そうなのだ、

何かを一心不乱にやる。

 

そして成長して一心不乱ではなくなる。

 

でも続けている。


そんなものをたくさん作る。

元一心不乱をたくさん持つ。


それが一心不乱に生きるってことだ。


何かに一心不乱になりたいなんて考えなくていい。


生きることに一心不乱になるのだ!!