人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

ホリエモンがN国党から出馬?本当にヤバイことになりそうだって話。 

f:id:t4121aka:20191003180601j:plain


ホリエモンこと堀江貴文さんが「NHKから国民を守る党」の公認候補者に決定したと発表された。

 


ホリエモンと言えば、インフルエンサーの代表格で、若者を中心に人気がある。


過去にはテレビ局やプロ野球団の買収に乗り出すなど、

新しい時代の申し子として一世を風靡した。


「好きなことで生きて行く」ってことを「そのまんま」やってるような人で、

俺も憧れるところもあるし、本も何冊か読んだ。


また、2006年に、証券取引法違反により逮捕され、懲役2年6か月の実刑判決が確定。

その後、収監されている。


そんなホリエモンがN国党から選挙に出る!?


ヤバイぜ、みんな。

マジで日本がヤバくなってきたぜ。

 

立花孝志は頭がいい?

N国党党首の立花孝志のホリエモン出馬計画はこうだ。

ホリエモンが次回の衆議院選挙に比例名簿1位で立候補する。

ホリエモンの高い知名度を利用して票を稼ぐ。

ホリエモン当選!

ホリエモン政界引退!

⑤N国党比例名簿2位の立候補者が繰り上がり当選。

ホリエモンは自由人に戻る。


要するに、ホリエモンは票を稼ぐためだけのパンダ。

当選後、すぐに辞める。


そんな計画だ。


こんなアホな話があってたまるか!

と思ってしまうが、別に違法ではない。


制度の抜け道を上手に利用した正当な方法だ。


こんなことをYouTubeで自慢げに話す立花孝志。

それに対して「頭がいい」と褒め称えるホリエモン


お前ら、マジ気持ち悪いわ。


曲がりに曲がってるわ。


こんなの「頭がいい」なんて言わない。


もっとさ、真っ直ぐに生きろよ。


なあ、立花よ。

お前、マツコ・デラックスに怒ってただろ?


有権者をバカにするな!」

って怒ってたよな?


お前の「ホリエモン作戦」はどうなんだ?


票を稼ぐためだけに有名人を使って

実際に政治家にするのは別の人間。


違法でも不適切でもないけど、

それって有権者をバカにしてるんじゃないのか?

既得権益をぶっ壊す?

NHKをぶっ壊す」で有名になったN国党だけど、

最近は「既得権益をぶっ壊す」という言葉も使っている。


NHKだけじゃなく、様々な既得権益に敵対することで、

国民の支持を得たいと考えているのだろう。


ホリエモンも検察をぶっ壊したいと言っていた。

過去の事件などの不信感から来るものだろう。


先日ごちゃごちゃあった青汁王子こと三崎雄太氏は、

国税庁をぶっ壊すなどと言っていた。


このように、様々な既得権益に噛みつこうとしているN国党。


みんな、これでいいのか?


既得権益って、凄いダメなことのように感じるけど、

長い時間をかけて確立された、平等と規律を大切にする、
国民のための組織とも考えることができる。


もちろん、ダメなところはあるだろう。


NHKも、検察も、国税庁も、

ダメなところはたくさんあるだろうし、
ダメな職員もたくさんいるだろう。


でもさ、本当に全部なくしてしまうのか?


てかさ、みんな、次はお前の会社がぶっ壊すって言われるかもしれないぜ?


N国党は、常に誰かと喧嘩をし続けないと、忘れられて終わるだけだ。

だから、常に敵を探し続けて、見境なく喧嘩を売りまくる。


たぶん、相手は誰でもいいのだろう。


だから、自分や家族、親せきや友達、

いつ、誰が立花孝志の攻撃に遭ってもおかしくない。

 

NHKは嫌いって人、

NHKを攻撃する立花を見て喜んでいるかもしれないけど、

明日は我が身だぜ?

もっと増えてくるかも

ホリエモンはずっと憤りがあったのだろう。

国に対して不満があるのだろう。


それがはじけようとしているのかもしれない。


同じような人は他にもいるだろう。


知名度と人気を兼ね備えながら、

国に対して不満を持つ人たち。


そんな人たちがN国党に集結したらと考えると

本当に怖い。


怖いけど、そうなりそうな気がしている。

 

日本がずっとほったらかしてきた闇の部分。

 

それが既得権益かもしれない。

 

それは水面下で沸々と国民に不満を抱かせてきた。

 

それが限界に達そうとしているのかもしれない。

 

政治家、公務員、エリート、大企業、、、

こんな人たちに対する国民の反発。

 

その形がN国党なのだろうか。

 


選挙の抜け道を使いながら「上手く」票を稼ぐ。


表立って批判する人に対しては、

「晒し」「恫喝」「追い回し」「粘着」・・・

様々な方法で攻撃する。


そんな党に人気者が集まってくる。

国民の不満が形となって集中する。


ヤバいぜ、みんな、

本当にヤバいぜ!

そういう国

でも、日本はそういう国なのだ。


選挙結果が絶対の民主主義の国だ。

違法なことをしない限り、選挙結果は尊重されるのだ。

 

いい人が選ばれるわけではない。

賢い人が選ばれるわけではない。

 

選ばれた人が政治をする。

それだけなのだ。


どうしようか。

本当にどうしようか。


幸いというか、ホリエモン自身は立候補するとは明言していない。


立花孝志は公認候補者に決定したと発信したけど、

どうなるか分からない状況だ。

 


政治とは真っ直ぐであるべきだ。

選挙とは真っ当であるべきだ。


どうか、真っ当に投票しよう。

どうか、真っ直ぐに投票しよう。


何かへのジェラシーで投票してはならない。

誰かへの僻みで投票してはならない。


次期衆議院選挙はいつになるか分からないけど、

みんな、しっかりと見極めよう。


ちゃんと選挙しよう!


俺は、立花孝志みたいな人を「頭がいい」とは認めない。

 

www.taka.work

www.taka.work

www.taka.work