人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

堀江貴文著「時間革命」。「忙しさで偽装された暇」という言葉がサラリーマンに突き刺さるって話。

f:id:t4121aka:20191119170016j:plain


ホリエモンこと堀江貴文さん。


ライブドアの創業者で、
テレビ局やプロ野球団の買収などを計画し、
一躍トキの人になったかと思えば、
証券取引法違反で逮捕され、
懲役2年6か月の実刑となり収監。

 

出所後は、
日本初の民間ロケットの打ち上げ、
和牛ビジネス、
様々なイベントプロデュースなど、
国内外を飛び回り「自由に」大活躍しているイメージの人だ。


そんなホリエモンの著書「時間革命」を読んでみた。


「忙しい」と「暇」。

さらに、「充実」と「熱中」。


人生の「時間」を無駄にしないために、読んでおくべき著書だと思ったので紹介する。

忙しいフリをしている?

サラリーマン諸君、みんな毎日忙しいよな?

毎日、朝起きて出勤してクタクタになるまで働く。


たまに息抜きで一杯やってさ、

土日は家族サービスしてさ、


本当に忙しい毎日だよな。


そんな毎日だけどさ、

心のどっかで思ってないか?


もっと自由に生きてみたい。

サラリーマンを辞めて好きなことで金を稼ぎたい。


そんなことを心のどこかで願ってないか?


そして、

「何かを始めなければ。」と、

「とにかく動かないと何も変わらない。」と。


そう思いながらも、

でも、忙しいから動けない。


そんな風に諦めてないか?


ホリエモン著「時間革命」にはこんなことが書かれている。

「忙しいせいで、動くための時間がない」というのは誤解だ。
そんな忙しさは単なる思い込みだし、そもそも「忙しい」と「熱中できない」の間には関係がない。


実際はむしろ逆で、心から熱中できる対象を持っていないからこそ、
そのダブついた時間を「忙しいフリ」をして埋めているのである。


言ってしまえば、その人は「暇」なのだ。


いくら仕事が忙しかろうと、そこに「熱中」がなければ「暇」だと。

でも、人は自分を「暇」だと思いたくない。

だから、忙しく働いて「忙しいフリ」をしようとするのだと。


そういうことだろうか。


その理由ついてホリエモンは、

なぜそうなるのかと言えば、その方がラクだからだ。

スケジュールを他人時間でいっぱいにして、
「ああ、忙しい忙しい」と不満を垂れていれば、
自分の人生の空虚さを忘れていられる。

そうしないと心がもたないのだ。


と説明している。


本当は何かに熱中したい。
好きなことをし、充実した毎日を過ごしたい。


でも、できない。

そうしても踏み出せない。


心の奥にあるそんな葛藤。

それを誤魔化すために、忘れるために忙しく働く。


でも、所詮、そんな人は「暇」なのだと。


まったく、響くよ。

平凡に生きてきた中年サラリーマンに響きまくりだわ。

暇とは?

忙しく働く人ほど、実は「暇」なのだと、

「確かになあ。」と思う。


ホリエモンは、この「暇」こそやっかいな存在だと書いている。

「暇」といえば、休日に何もやることがない状態を思い浮かべる人もいるかもしれないが、ここで僕が言っているのは、

忙しさで偽装された暇

とでも呼ぶべきものだ。


この種の暇は色々と厄介だ。

まず、自分がそういう状態に陥っていることになかなか気づけない。


目の前にやることはたくさんあるから、忙しく仕事をしているような気分になっている。


しかし、内面的にはとてつもなく退屈しており、胸の内では心がガラガラと空転しているのである。


物理的な「暇」ではなく、偽装された「暇」。

一見忙しいけど、実は空虚。

 

そうだよな。

小学生のとき、授業中の時間と休み時間のトキノナガレが同じとは思えなかった。


一瞬で終わる休み時間と、長い長い授業時間。


多分あれのことだ。


アスレチックに、鬼ごっこに、読書に、サッカーに、野球に、

何かに夢中になっている休み時間は「暇」じゃなかった。


でも、熱中せずにやらされている授業、

あの時間は、やることはあるけど「暇」なのだ。


みんな、どうですか?

イマ、なにかに夢中になることってありますか?


小学生の休み時間のように、

一瞬でトキが過ぎ去るようなことに没頭することってありますか?

暇だと他人が気になる

そして、この内面的な空虚さ「暇」は、

・ひょっとすると、あの人はこう思っているのかも。
・きっとこいつは、裏であんなことしているに違いない。
・これをやったら陰口をたたかれるかも・・・
・バカにされたらどうしよう。

・芸能人の不倫

他人のことを気にし過ぎる心を生んでしまう。

みんな他人のことを気にし過ぎだ。


この原因は「暇すぎる」ということに尽きると思う。

心の底から退屈しきっているからこそ、他人の不倫やら失言やらを報じる下品な芸能ニュースに反応し、それらを消費しているのだ。


冷静に考えてほしい。

他人のプライベートを詮索して喜ぶなんて、
こんなにみっともないことはない。


もっと楽しいことが世の中にはたくさんある。


心のエネルギーをひとごとに振り向けて浪費するのは、本当にバカげている。


それもこれも、元はと言えば、

本当は暇なくせに忙しいフリをして、
他人時間ばかりを過ごしているからだ。


このブログでも何度も書いてきた。


人のことを気にし過ぎてはダメだ。

人はそれぞれ違う。

www.taka.work


人に迷惑を掛けない限りにおいて、

個性を尊重し、他人を認めるべきだ。


自分は自分の道を行けばいい。

自分の個性を最大限発揮できる充実した人生を目指すべきなのだ。

人生は情熱だ

やっぱり人生は情熱だ。


情熱を持って、何かに熱中する。

一見無理そうなことにも積極的にチャレンジする。


前にこんなことを書いた。

www.taka.work


アホみたいなタイトルだけど、割と自信作の記事だ。

人生は「ほぼほぼ無理なこと」にチャレンジするべきなのだ。


それが情熱を生むし、

人はそんなことに熱中するはずだ。


実は先日40歳になった。

ついに40の大台に乗った。


でもさ、だからどうしたって話だ。


俺はこれからもチャレンジを続ける。

ほぼほぼ無理なこと」でもチャレンジをする。


チャレンジを続ければ絶対に何かが起こるんだ。


この前のスマニュー砲もそうだった。

ビックリ仰天のバズがブログにやってきた。

www.taka.work


他人のことを気にし過ぎる時間はもったいない。

他人を認め、自分のことを考えよう。


賛否両論あるホリエモン

俺の大っ嫌いなN国党と仲のいいホリエモン


だけど、さすがだ。


忙しいフリをしているだけの暇人になってたまるか。

とてつもなく内面的に空虚になってたまるか。

他人時間で暇を紛らわせる人生なんてまっぴらだ!


でも、自分はサラリーマンだ。

油断すると、この言葉のとおりになってしまいそうだ。


「忙しい」で「暇」を誤魔化す人生になってしまいそうだ。


常に熱を持とう。

心に情熱を持ち続けよう。


熱く、自由に生きて行くのだ!!

 

時間革命 1秒もムダに生きるな

時間革命 1秒もムダに生きるな