Passion

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

【激怒】コロナじゃなくて人間に怒ってます。コロナ禍だからこそ見せるべき背中があるって話。

今日は激怒の記事です。

ワタシは本気で怒っています。

 

久しぶりに息子関係の話です。

息子・・・高2、サッカー部、成績中の上、サッカーそこそこ上手い、やっと成長期きた、反抗期気味


「息子が高校をサボりだして嬉しかった」という「とんでも記事」はこちらから↓

 

www.taka.work

 

実は、このブログで3番目に読まれている記事です。

 

 

f:id:t4121aka:20210121180644j:plain

コロナで中止になったサッカーの大会

この時期。

高校サッカー界は、全国どこの県でも新人戦が開催されます。
(新人戦・・・高3が引退し、高2メインでの新チームが始動する大会)


高知県では、年末に開催される予定でしたが、コロナにより、1月16日~に延期になっていました。


うちの息子。大会3日前はヤル気満々でした。

1月13日(水) 19:00

f:id:t4121aka:20210121180355j:plain


10番を貰えたことが、よっぽど嬉しかったのでしょう。

練習が終わってすぐであろう19時に送られてきています。


しかし…


その翌日、大会2日前。

1月14日(木)20:03

f:id:t4121aka:20210121180418j:plain


大会が中止になったと連絡がありました。


「期待させてしまってごめん。」ということなのでしょう。

ラインは「ごめん」から始まっています。


本人が一番楽しみにしていたであろうに。ワタシは、なんともやり切れない気持ちになりました。

 

先に言っておきます。


今日は、「怒る、キレる、罵る(ノノシル)」のオンパレードです。


そんなの読みたくない、見たくない。

怒りの言葉が嫌いな人はここで退出してください。


あと、「この時期だから仕方ない」と考える中止賛成派の人もいると思います。いや、むしろ、中止にキレる私の方が少数派かもしれません。


君たちもここから先は読まないでオッケー。出てってくれ。多分、お前らとは何を言っても分かり合えないから。

でも、もし、最後まで読んだら。

どうぞ自由に批判してください。ネット上の誹謗中傷が話題になる昨今だけど、別にいいから。大丈夫だから。ワタシはメンタルお化けですから。反対の意見も聞いてみたいっちゃ聞いてみたいし。

 

ということで、長くなってしまいましたが前置きはここまでです。


ワタシが「なぜ」「何に」怒っているのかを書いていきます。


たかが、「高校生のサッカーの大会のこと」と、軽く考えてはいけません。これは、日本の未来の話です。

f:id:t4121aka:20210121181140j:plain

激怒している理由

 

前提として、中止になった大会は県大会です。県をまたぐ移動はないし、集団での宿泊も伴いません。


それなのに中止になりました。


ワタシにはまったく理解が出来ません。


体育やってんだろ?

小学校でも、中学校でも、高校でも、体育の授業やってんだろ?


サッカーの大会と、授業でやる体育、いったい何が違うのでしょうか?

無観客でやれば同じだと思うのです。

 

おそらく面倒だから中止にしたのだろう。


大会でクラスターでも起これば、保護者への説明、マスコミ対応など、大変な状況になることは目に見えてるから。

 

分からんでもないのよ。

主催者からしたら、リスクを負ってまで開催するメリットはないし、中止にした方が楽なんだよな。

 

簡単だしな。

「感染拡大防止のため中止にしました。」って言えば楽勝だ。


会社を休みにすると、売上が落ちて会社が潰れるかもしれない。

でも、高校サッカーの大会を中止にしても、直接的な被害は発生しない。


分かるよ。そうしたい気持ち。


「とりま中止にしときま」って気持ち。分かるよ。

 

でもな、子供は見てるんだよ。

大人の行動を見てるんだ。


大人は頑張ってるのか。知恵を絞っているのか。

こんな状況でも前を向いて生きているのか。


この中止はどっちなんだと。


「とりま中止」なのか。

「なんとか開催しよう!」と努力した結果の「中止」なのか。


子供は大人の背中を見ている。


体育はやる。でも、サッカーはダメ。

子供だってこんな分かりやすい矛盾には気付いてる。

 

  • バカじゃねえの?
  • なんでもかんでも中止にしやがって
  • 逃げてばっかり


子供にこんな風に思われたくないだろ?

 

 

なあ、踏ん張れよ。


「とりま中止」が楽なことは分かってる。

そうしたい気持ちも分かる。

 


でも、踏ん張れよ。


子供の目標を奪うなよ。

子供の努力の邪魔をすんなよ。


どうか10代の頃を思い出してみてください。


みんな輝いてたでしょ?

 

あの青い輝きを、今の10代からは奪うのですか?

 


ダメだって。

子供の邪魔しちゃダメだって。

 

昨年からそうだった。

インターハイも甲子園も中止になった。

 

本当にどうしようもなかったのか?

本当に本当に、絶対に開催できなかったのか?


全力で「子供のために開催したい」という思いを持って考えたのか?

 

大人の罪は「中止にした」ことではありません。

「開催しようと全力で努力した姿」を子供たちに見せられていないことです。


大人の活動だけ知恵を絞って継続しやがって。


プロ野球、Jリーグ、オリンピック…

普通の会社だってそうだ。


金がかかってるもんな。

継続しないと、シャレになんないもんな。

 


でも、言っとくが一緒だぞ。


金は関係ないけど、「大切なこと」という意味では同じだ。

うちの子にとってサッカーの大会は、凄く大切な場所なんだ。


飲食店に営業自粛させたら補償金を払えばいい。

でもな、子供の傷ついた心は補償なんてできない。


一生に一度しかない青春。

大人は全力で守ってあげないとダメなんじゃないかと。


ワタシはそういう考えをしています。


中止になった事実より、頑張らない大人に怒っているのです。

コロナ禍における日本の財政

さて、話は変わりますが、この表を見てください。

日本の国家予算(一般会計)総額と、税収の額。借金額をグラフにしたものです。

f:id:t4121aka:20210121222559p:plain


今年度は、総額175.7兆円のうち、税収は55.1兆円、借金額が112.6兆円で、必要経費の約6割を借金で賄っています。


これ、例えば年収550万円の世帯に例えてみると、550万円しか給料がないのに、借金しまくって1,750万円使ったという状況です。


一般家庭なら即破産ですね。


また、コロナ対策で今年は特に金額が膨れ上がりましたが、昨年までが健全というわけでもありません。


昨年ベースで考えても、総額101.4兆円のうち、税収は58.4兆円しかありません。

同じように550万円の世帯で考えると、「550万円しか給料がないのに、借金しまくって950万円使った。」という状況です。

 

日本は毎年シャレにならん借金をし続けているのです。

 

これには様々な原因があります。

 

  • 高齢化による医療・介護・年金の増
  • 進まない行政改革、非効率な役所
  • ダメな政治家たち


みんなそれぞれ思うところはあると思います。

 

国が、県が、市が、政治家が、公務員が。誰かの責任だと考える人が多いと思います。

 

「日本の財政状況が悪いのは自分のせいだ!」と思っている人はいないでしょう。


でも、全員の責任です。

大人には全員に責任があります。選挙権がありますから。

 

一方、子供たちには1ミリも責任はありません。

知らないうちに大人が勝手に作った借金です。


にもかかわらず、このツケを払うのは子供たちです。

ロマンと情熱

本当に困難な時代になりました。


でも、前を向いて生きることをやめてはいけません。


どんな状況でもロマンを持ちましょう。

どんなことにも情熱を注ぎましょう。

 

 

今のままの日本を子供たちに引き継げますか?

それでいいと思いますか?

 

大人になると面倒なことばかりです。

少しのエラーで市中引き回しの刑を食らうこともあります。

 

「サッカーの大会を開催する」ことが、主催者にとって、凄く勇気がいることなのは分かっています。

 

でも、どんなに困難であろうと、前を向いて考えなければなりません。

 

大人には、困難に立ち向かう責任があります。

自分より子供を楽しませる義務があります。

 

コロナ禍だからこそ見せられる背中があるはずです。