人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

ファミコンの名作ソフトを紹介。売上ランキングとおススメ3選!懐かしさと単純さが逆に新しい!

f:id:t4121aka:20190901115416j:plain


こんにちは。

天空の城ラピュタ」を記事にしたら、
急に昔が懐かしくなった情熱中年サラリーマンです。

 

www.taka.work

 

 

そんなこんなで、押入れなどを漁ったりしておりましたら、

中年オッサン大興奮の物が出てまいりました!!

f:id:t4121aka:20190901102531j:plain

f:id:t4121aka:20190901102601j:plain

f:id:t4121aka:20190901102631j:plain

 

大量のファミコンのソフトが出てまいったのでござる。


30代、40代の皆さん、

ファミコンやりましたよね?

 

上の画像を見て、

「おおお!あれがあるじゃないかあ!」

って興奮した人もいるのではないですか?

 

ということで、今日はファミコンを語っていこうと思う。

ファミコンの歴史

ファミコンは1983年(昭和58年)に発売された。

正式名はファミリーコンピュータ
略して「ファミコン」なのだ!

当時の発売価格は14,800円。

 

日本で1935万台、
アメリカで3400万台、

全世界で6191万台も売り上げた。

歴代ゲーム機売上ランキング

6191万台を他のゲーム機と比べると下のとおりだ。

 

1:プレステ2 1億5500万台

2:ニンテンドーDS 1億5402万台

3:ゲームボーイ 1億1869万台

4:プレステ 1億240万台

5:Wii 1億163万台

6:プレステ4 9680万台

7:プレステ3 8740万台

8:マイクロソフトXbox360 8580万台

9:ゲームボーイアドバンス 8151万台

10:プレステ ポータブル 7640万台

11:ニンテンドー3DS 7508万台

12:ファミリーコンピュータ 6191万台

13:スーパーファミコン 4910万台

14:マイクロソフト Xbox One 4002万台

15:メガドライブ 3900万台

16:ニンテンドー スウィッチ 3474万台

17:ニンテンドー64 3293万台

18:アタリ2600 3000万台

19:マイクロソフトXbox 2400万台

20:ニンテンドーゲームキューブ 2174万台

21:Wii U 1356万台

22:ゲームギア 1100万台

23:ドリームキャスト 1060万台

24:PCエンジン 1000万台

25:セガサターン 950万台

 

ファミコン売上台数は12位。

 

「大したことないじゃないか。」

と思うかもしれないけど、 

 ・ゲーム以外の機能がない、
 ・持ち運べない、

ことを考えると驚異の売上だったと思う。

 

今はゲームと併せて、DVDが観れたり録画機能があったりと、

家電的な機能も備えている。

 

また、忙しい現代人、

持ち運びができる小型のゲーム機は大人気だ。

 

プレステ2は、当時流行り出したDVDが観られたし、

DSやゲームボーイは、持ち運びができた。

 

それらを考慮すると、元祖ゲーム機のファミコン

大袈裟ではなく驚異の売上だったのだ。

 

ドラクエ買うのに行列、なんてのも懐かしい記憶だ。

 

意外かもしれないが、ファミコンスーパーファミコンWii Uより売れているのだ。

歴代ファミコンのソフト売上ランキング

ファミコンには人気のソフトがたくさんある。

マリオ、ドラクエ、FF、
こちらも売上ランキングで紹介する。

 

1:スーパーマリオブラザーズ 681万本

2:スーパーマリオブラザーズ3 384万本

3:ドラゴンクエスト3 380万本

4:ドラゴンクエスト4 310万本

5:ゴルフ 246万本

6:ドラゴンクエスト2 241万本

7:ベースボール 235万本

8:麻雀 213万本

9:プロ野球ファミリースタジアム 205万本

10:テトリス 181万本

11:マリオブラザーズ 163万本

12:プロ野球ファミリースタジアム’88 161万本

13:エキサイトバイク 157万本

14:テニス 156万本

15:ドクターマリオ 153万本

16:サッカー 153万本

17:F1レース 152万本

18:ドラゴンクエスト 150万本

19:忍者ハットリくん 150万本

20:4人打ち麻雀 145万本

21:スパルタンⅩ 142万本

22:ファイナルファンタジー3 140万本

23:プロ野球ファミリースタジアム’87 130万本

24:ゼビウス 127万本

25:ゲゲゲの鬼太郎 125万本

26:ドラゴンボール 123万本

27:ドラえもん 115万本

28:ファミコンジャンプ 110万本

29:ロードランナー 110万本

30:高橋名人の冒険島 105万本

 

やはりマリオが強い。

日本人で、マリオをやったことない人っていないんじゃないかな。

ファミコンのソフト元祖9タイトル

ファミコンソフトは、ファミコンが発売された1983年には9タイトルしか発売されていない。

 

ゲームのすべては、この9タイトルから始まったのだ。

この9つを元祖ゲームソフトと言っても過言ではないだろう。

 

Wii、プレステ、スマホゲーム、

すべてはこの9タイトルから始まったのだ。

 

 ・ドンキーコング

 ・ドンキーコングJR

 ・ポパイ

 ・五目並べ

 ・麻雀

 ・マリオブラザーズ

 ・ポパイの英語遊び

 ・ベースボール

 ・ドンキーコングJRの算数遊び

 

これが元祖9タイトルだ。

なお、ファミコンの発売日7月15日に合わせて発売されたのは、
上の3タイトルのみ。

 

マリオのイメージが強いかもしれないが、

実はファミコンは、ドンキーコングと共に始まったのだ。

おすすめファミコンのソフト3選

ここからは、自分がお勧めするソフトを紹介する。

ファミコン世代ど真ん中の中年にかけてハズレはないと思うので、
もしも、ファミコンがしたいと思ったら参考にしてみてほしい。

3位:熱血硬派くにおくん。大運動会

ダウンタウン熱血行進曲それゆけ大運動会

ダウンタウン熱血行進曲それゆけ大運動会

 

 

ランキングには入ってなかったけど、大人気シリーズのくにおくん

人気シリーズの中でもこの「大運動会」は最高に面白い。

 

乱闘アリのクロスカントリーや玉割、そして格闘戦。

それぞれのキャラの技を駆使しながら対戦する。

 

コントローラーが接続できれば4人同時プレイも可能だ。

2位:ファミコンウォーズ

ファミコンウォーズ

ファミコンウォーズ

 

戦争シミュレーションの元祖ファミコンウォーズ

ファミコンらしからぬしっかりとしたゲーム性と、
シミュレーションにありがちな複雑な作業がない単純さ、

シミュレーション好きは間違いなくハマるゲームだ。

1位:キングオブキングス

キングオブキングス

キングオブキングス

 

自分がどっぷりハマったゲーム「キングオブキングス」。

こちらもシミュレーションゲームで、細かい設定がしっかりしている。

 

よくある村を占領して、お金を稼いで、強いキャラを買って、敵の陣地を攻める。

信長の野望的なシミュレーション。

 

色んなキャラが登場するのだが、

ゴブリンはエルフに強く、
エルフはハーピーに強く、
ハーピーはゴブリンに強い。

など、同クラスキャラごとにじゃんけんの法則があって、
戦略性が膨らむ作りになっている。

 

また、初めは弱い人間のキャラ、

ナイト、モンク、ソーサラーは、レベルアップによりキャラが昇華する設定となっていて、育成も楽しめるゲームだ。

ナイト → シルバーナイト → ドラゴンナイト など。

 

以上、お勧め3選。

今のゲームほど、映像や音楽のクオリティは高くないけど、
単純さが逆に新しくて間違いなく楽しめると思う。

よろしければ参考にしてみてほしい。

ファミコンとは・・・

ファミコンは、日本人の凄さを世界に見せつけた。

戦後復旧を成し遂げ、高度経済成長を迎え、
マジメな日本人だけど、こんなに面白い物が作れるんだと。

そんな凄さを見せつけた発明だった。

 

うちの母親は未だに「ゲーム=ファミコン」だ。

 

息子がスマホゲームをやってても、

「もう、ファミコンばっかりやって。」

 

こんな風に注意する。

 

少子高齢化を迎え、これから益々日本は厳しくなる。

政治も経済も外交も、なかなか怪しくなってきた。

 

今こそ日本人が思い出すべきはファミコンなのではないか。

ファミコンを作ったときの発想なんじゃないか。
ファミコンを買ったときのワクワクなんじゃないか。
ファミコンで遊んだときのドキドキなんじゃないか。

 

すべての中年よ、立ち上がれ!

すべての中年よ、発想しろ!

すべての中年よ、ワクワクしろ!

すべての中年よ、ドキドキしろ!

 

ファミコンを思い出せ!!

シンプルで、単純で、でも楽しい!

 

みんなあのとき冒険の旅に出ただろ?

 

ネットなんて無かった。

Googleなんて無かった。

 

自分で答えを探すか、

友達に直接聞くか、

 

クリアするためには、それしか無かった。

 

まさに冒険してたよな。

 

あの冒険を思い出せ!

 

あの感情を思い出すのだ!!

 

 

 

 

さて、ファミコンでもするか。