人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

新しい言葉を作るブログ。古い概念をぶっ壊してポジティブ一直線って話。

部分的成功

先日、ある番組でホリエモンこと堀江貴文さんがこんなことを言っていた。

失敗って言葉は好きじゃない。
部分的成功と言えばいいんだ。

言葉って大事だから。
言葉が概念を作る。

確かになあと。
賛否両論ある方だけどさすがっすわ、堀江さん。

 

何か事業にチャレンジするとき。
当然、利益の目標を定める。

月100万円の利益が目標とする。

結果、100万円を超えたら成功。
10万円しか稼げなかったら失敗。

失敗は嫌だから成功するために計画を立てる。
どうやったら100万円稼げるのか細かく細かく分析。

石橋を叩きまくる。

新しく始めることだ。
なかなか確信は持てない。

というか、確実に成功する方法なんてないのだろう。

でも、確実に成功できるという確信が持てないとやらない。

そしてチャレンジをやめてしまう。
失敗の言葉がチラついてやめちゃうんだ。

 

「失敗」って言葉がチャレンジしない概念を作ってるってことだ。

だから、失敗とは言うなと。

部分的成功だと。

 

100万円は稼げなかったけど、10万円稼いだじゃねえかと。

利益が0だったとしても何か上手くいった部分もあるだろうと。

まずはチャレンジしようぜってことだ。

 

部分的成功という言葉がチャレンジの概念を作る。

確かに計画は大事。
無計画にエイヤーとやることが正しいわけではない。

 

でも、石橋を叩いて叩いて叩きすぎて橋が壊れる。
橋が壊れたら、渡れなくなるよな。

どうせ渡れなくなるくらいならエイヤーっと渡ってしまった方がいい。

もしかしたら落ちるかもしれない。
でも橋の下にはネットがある。
落ちても誰かが絶対に助けてくれる。
国の制度としてセーフティーネットもある。

途中まで渡れた「部分的成功」を基に、またチャレンジすればいいだけだ。

 

言葉が概念を作る。
ネガティブな言葉を、ポジティブな言葉にすることで人間自体を前向きにする。

 

いいな、これ。
ということで、今日は新しい言葉を作って、古い概念をぶち壊していくぜ!!

 

f:id:t4121aka:20190518162939p:plain

暑い ⇒ 寒くない

すまん。
まず言わせてくれ。

俺は凡人だわ。

堀江さんみたいにイカス言葉が思い浮かばないw

 

暑いと言わずに、寒くないと言う。

全員が言う。
テレビもネットも全て言う。

 

どうなるだろう?

 

真夏の40度近い灼熱の中、

「今日って寒くないねー。」

 

なんかウケるだろ?笑

全員が言ったら涼しい気分になりそうじゃないか?
暑いことをポジティブに受け入れられるかもしれない。

 

f:id:t4121aka:20190518174229p:plain

寝坊した ⇒ 熟睡した

サラリーマンの朝の時間は忙しい。
5分、10分の価値が異常に高い。

そんな中、30分寝坊。

オオゴトだぜ、おいおい!!!
遅刻だ、遅刻だ!
急げ、急げ!!

サラリーマンの寝坊 = 戦場
だよな。

 

f:id:t4121aka:20190518174338p:plain

俺は決めた!

急がない!!!

もう寝坊しても急がないことにする!!

 

ラッキーだと思う。

あ、30分寝坊かー。
睡眠がしっかりとれてラッキー。
電車も道路も空いてるしラッキー。

って思うことにする。

 

それでいい。

急がないと30分遅刻する?
別にいいよ。

俺が年に何回か30分遅刻したって何も変わらない。

 

だってさ、寝坊してヤバいヤバいと思ってる時間もさ、

地球は回ってるんだぜ?
(当たり前を名言ぽく言うスタイルw)

 

てか、マジメに何も変わらない。

会社の存続に影響はない。
俺の人生に大きな影響はない。

「全員が30分遅刻したらどうするんですかー」
「遅刻は自由ってことですかー」
「朝、会社に誰もいなかったらどうするんですかー」

こんな意見は受け付けないからな。
そんな大げさな話じゃないから。

 

みんなが寝坊しても慌てない。
ラッキーだと思う。

「寝坊」って言葉を「熟睡」に変える。

 

寝坊したー!

から、

熟睡したー!

 

そうなれば交通事故も減るかもな。
概念どころか、人の命を救うかもな。

 

拝啓。ネガティブな言葉たち様

 

なあ、ネガティブな言葉。

お前たちはさあ、何かに備えるとき、リスクマネジメントをするときには役に立つ。

最悪を考えて対策をしておく。
大事なことだよな。

 

でもさ、何かにチャレンジするときは邪魔になるんだ。
ネガティブな言葉がさ、ストッパーになるんだ。

 

失敗したらどうしよう。

 

人は常にこの言葉に脅されて生きてるんだ。

 

だからさ、お前らさ、
一旦、俺の目の前から消えてくれないか?

俺はもうアラフォーだ。
もう今しかないんだ。

お前たちに脅されて怯んでる時間はないんだ。

 

俺はこれからお前たちを変えていく。
お前たちをポジティブな言葉に変えていく。

今日はいい言葉が思いつかなかったけど、これからも考え続ける。
たくさんの言葉を生み出してやる。

ポジティブな言葉職人になってやる!

 

古いネガティブな概念をぶっ壊す。

そのために「言葉」が重要なポイントとなることは間違いないだろう。