人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

【完全版】参議院選挙2019各党の公約まとめ


f:id:t4121aka:20190719133255j:image

7月21日は参議院選挙の投票日。

「みんな選挙に行こうぜ!」ということで、
昨日から各党のマニュフェストを紹介している。


昨日は、消費税に特化して書いたけど、
少し分かりにくかったようだ。


こういうのを伝えるってすごく難しい。


という反省も踏まえて、
各党のマニュフェストを一覧表にしてみた。


投票先の参考にしていただけたら幸いだ。


なお、公明党はどっちみち自民党と連立だから載せてない。


あと、今日は中立じゃない。

最後に、自分の考えをガンガン書こうと思ってる。

参議院選挙2019公約一覧表


f:id:t4121aka:20190719132748j:image



f:id:t4121aka:20190719163029j:image

参議院選挙2019公約考察

ここからは個人的な考察。
もちろん、違う意見の人もいるだろう。

 

でも、それでいいんだ。
選挙はそういうもんだから。


人を侮辱してはダメだけど、
違う考えを持つことはいいことだ。


多様性ある社会が大好きだから。

自民・公明・維新、共産・立憲民主・れいわ、国民

まず大きなところでまとめてみる。


グループとしては、

①自民・公明・維新
②共産・立憲民主・れいわ
③国民

のように感じた。


ここで言うグループとは、仲間という意味ではなくて、
なんとなく大きな考えは近いのかなと。


国民民主党は、はっきり言って公約に中身がない。
どっちつかずのいいとこ取りの公約。

そんな理由でグループを分けた。


国民民主党に関する評価は、個人的にはこれだけだ。

どっちつかずの中身のない政策。


ということで、以後は国民民主党には言及しない。

①と②のみを書いていく。

日本の政治の不幸な部分

①グループと②グループには大きな違いがある。

 

競争を前提としているのか、
なるべく平等を前提としているのか。


一定の格差は仕方ないと考えるか、
格差を是正しようと考えるか。


こんな根本的な考え方に違いがあるのだ。


これは日本の政治にとって不幸なことだ。


今さら、こんな根本的なことを議論せねばならない。


個人的には、本気で意味が分からない。


日本は資本主義の国だ。

これは誰が何と言おうが決まってる。


もちろん、それに反対するのが悪いことではない。
資本主義に反対して、選挙に出る。

これ自体は全然悪くない。


でも、自民党と争うべき野党の第一党がそれではいけない。


圧倒的に資本主義が変わることを望んでいない国民が多いのだから、
野党第一党が資本主義を否定するような党では、
国民の選択肢は、実質的に自民党しかなくなる。


そうなると自民党は安泰だ。
変な政治をしても許されてしまう。

代わりがいないのだから。


本来は、アメリカのように、
根本的な考えは同じ政党同士がしのぎを削るべきなんだ。


どっちが政権をとっても、大きくは変わらない。
だからこそ国民は安心して次を選べる。


気に入らなかったら、すぐにクビにできる。


それは政治家に緊張感を与えるのだ。


今さら、国の在り方の根本を議論する日本。
色んな改革が進まないのは必然かもしれない。

れいわ新選組

山本太郎率いる「れいわ新選組」が盛り上がってるけど、
本気でそんな社会にするのか?


本当に国の形を変えるのか?

そんな覚悟と勇気があるのか?


俺には信じられない。


いったい何がしたいんだ?


いいか、一つだけ分かってほしい。


お前の生活が苦しいのは、
お前の責任だ!!


お前の給料が低いのは、
お前の責任だ!!


決して国の責任ではない。
それが資本主義ってもんだ!


競争と自己責任。

それは認めようよ。

各党の公約

以上の前提のもとで、各党の公約の目立った部分を紹介する。


自民党は、今の流れを続けるということ。

そして、憲法改正を実現したいと。


共産党は、共産党だ。
金持ちを増税し、貧しい人に給付する。
介護職員の給料を5万円アップ、奨学給付金3万円支給など。


また、外交では「北東アジア平和協力機構」なるものを作ると。
北朝鮮や中国と話し合って平和な関係を作ると。

そんなことを言っている。


立憲民主党共産党に近い。

金持ちを増税し、貧しい人に給付する。

 

日本維新の会は、行政改革が前面に出ている。

いわゆる身を切る改革というやつだ。


議員、公務員の人件費の削減。
一昔前は、ほとんどの党が言っていたけど、
今じゃ言われなくなった。


また、年金を積立方式に制度改正。
自分で払った分が自分に返ってくる。


維新はそれを平等と言っている。
共産はいくら払ったかは関係なく、
全員が保障されるのが平等だと言っている。


平等に対する考え方が違うのだ。


れいわ新選組は凄い公約のオンパレードだ。

消費税廃止。(0%に)
一人3万円支給。
公務員増員。


ぶっ飛んでるぜ!

とにかく選挙に行こう

みんな、とにかく選挙に行こう。


まずはそこからだ。


特に若い世代。
絶対に選挙に行ってほしい。


一緒に選挙に行かねえ?


こんなナンパが流行ればいいのにと思う今日この頃だ。