人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

異常気象!?猛烈な熱さの日本。絶対にやるべき対策!!

 

猛烈な熱さの日本列島。
北海道では、なんと39度を観測。

 

f:id:t4121aka:20190526212216p:plain

まだ5月なのに…
って話がよく聞こえてくるけど、それどころではない。
北海道で39度を観測するのは史上初。

夏の暑さが早く来たわけじゃない。
イマ、過去にないほど気温が上昇してるということだ。

 

この暑さにより、JR北海道では、気温の上昇でレールがゆがむ可能性があるとして、運休する列車まで出ている。

暑さで交通機関が運休する。
そんなこともあるんだな。

 

思えば昨年の夏も暑かった。
連日40度越えの猛暑が続いた。

暑さは人の体力を奪う。
また、台風、豪雨。
災害の原因ともなる。

 

暑さが原因で調子が悪くなる。
災害の被害に合う。

そして最悪、命を落とす。
そんなの悲しすぎるよな。

だから夏に備えてしっかりと対策をしよう!!

 

大した拡散力はないブログだけど、この記事で伝えたいことは一つだけ。

誰も災害で命を落とすな!!!ってことだ!!

 

異常気象とは?

異常気象とは異常高温、大雨、日照不足、冷夏などの通常とは異なる気象の総称

Wikipediaより抜粋

 

異常気象とは、普通じゃない状況を言う。
例年より暑い。
物凄い大雨。

そんなことを総称して「異常気象」と言う。

 

でも、俺には個人的な一つの基準がある。

初めてかどうか。

俺は、過去にあったかどうかを重要視している。

 

例えば、「観測史上2番目の大雨。」

こう聞くとヤバそうだし、実際に過去2番目の大雨なんだから、危険なことは間違いない。

でも、少なくとも過去にもあったということだ。
「初」の事象とは全く異なる。

 

公も民も対策というのは、何かが起こってから行われる。

〇大雨で浸水したから堤防を造る。(公)
〇猛暑が続くから、熱中症予防の商品を開発する。(民)

だからこそ、観測史上2番目と史上初は全く違う。

2番目なら対策済みかもしれないけど、初は間違いなく対策ができていない。

 

そういう意味で、今回は完全なる異常気象だ。

史上初の暑さ。
間違いなく対策が足りていないはずだ。

政治・行政・民間・家庭、全てにおいて対策が出来ていない。
なんせ初めてなんだから。

多分これから、色んな専門家が必要な対策や気を付けることを発信するだろう。

 

でも、忘れたらダメなのは、

今年の暑さは史上初の暑さということ。

誰も経験したことがない暑さ。
どんな専門家でもどうなるか分からない。

何が起こるか誰にも分からないのだ!!

 

だから、出来うる限りの対策をしておくこと。
そして、何が起こってもおかしくないという意識を持つことが重要だ。

暑さと災害

では、具体的に暑さと災害について説明していく。

熱中症

まずは熱中症
暑ければ暑いほど熱中症のリスクは高まる。

消防庁のデータによると、昨年度の熱中症による救急搬送車は92,710人。
うち160人が死亡している。

暑さで160人もの人が亡くなっているのだ。

 

猛暑が続いた昨年の夏。

気象庁は、
「命に危険があるような暑さ」
「(酷暑は)1つの災害だと認識している。」
と記者発表している。

 

近年の異常な暑さ。
暑いってこと自体が災害なのだ。

暑い、暑い。
ほんと暑いねー。
この暑さはたまらん。

もうそんなレベルじゃない。
「この暑さは災害なんだ」という認識を持たないといけない。

 

f:id:t4121aka:20190526212334p:plain

豪雨

気温の上昇は大気を不安定にし、雨雲が発生しやすくなる。

近年は、毎年のように日本のどこかで雨による災害が発生している。
急なゲリラ豪雨も、ある意味「普通」に起こるようになった。

 

また、気象庁は、今年の夏は例年よりも大雨のリスクが高く、集中豪雨の危険性があると発表している。

南米沖の海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」の影響のようだ。

気象庁 | エルニーニョ監視速報

夏の天候 大雨リスク高く集中豪雨の危険性|日テレNEWS24

 

気象庁がこの情報を発表したのは2月25日。
こんなとんでもない暑さになる前から今年は大雨のリスクが高いと言っている。

そしてこの暑さ。
今年の夏は本当に危険だ。

全力で注意しなければならない。

 

そして、もちろん海面温度は台風の発生頻度、規模にもかかわる。
台風がもたらす雨・風にも要注意だ。

さらに雨は土砂災害の原因となる。
山に近い人は厳重な注意が必要だ。

 

f:id:t4121aka:20190526212435p:plain

災害で亡くなる人を0に

自然災害は必ず起こるものだ。
災害が起こらないようにすることは無理。

でも、災害から身を守ることはできる。
対策をすることはできる。

そして、それは難しいことじゃない。

一人一人の意識次第だ!

 

自然災害で命を落とすのは悲しすぎる。
何も悪いことをしていない人が、急に亡くなる。

そんなのもう無くしてしまおう。

 

災害が起こった後、いつもいつも責任は誰にあったかの議論が湧き起こる。

 

避難情報が遅かった。
避難所の開設が間に合わなかった。
気象庁の予測が間違っていた。

こうやって犯人探しが始まる。

 

でも、一番の責任は本人にある。
自分の命は自分で守るのだ!!

自分で自分の命に責任を持つのだ!!

誰かのせいにしたって人は生き返らない。

 

個人の意識次第で、自然災害による死者は限りなく0に近づけられるはずだ。

全ては一人一人の意識にかかっている。

 

防災対策

では、具体的に何をすればいいのか?

前に防災対策について書いた記事がある。

www.taka.work

この記事では最低限の防災対策について書いている。
ぜひ参考にしてほしい。

 

ただ、防災対策はキリがない。
完璧なんてものはない。

だからこそ進まない。

情報が多すぎて、何からやっていいのか分からなくなるのだ。

だからあえて一つだけ。
一つだけ覚えておいてほしい。

 

空振りを恐れるな!!

 

必死に避難したのに何もなかった。

それでいいのだ。
「何もなかって良かった」でいいのだ。

 

逆に見逃しは絶対にダメだ!!

ボールと思って見逃したらストライク。
その時、お前は死んでるかもしれない。

 

始めの話を繰り返す。

今年の暑さは史上初だ!!
何が起こるのか誰にも分からない。

しっかりと考えて行動しよう。

もちろん何も起こらないかもしれない。
何も起こらなかったときに、ネタになるくらいの対策をしよう。

こんなに対策したのになー。

と爆笑しよう!!

 

ここまで読んでくれたみんな。
マジメで面白味のない記事に付き合ってくれてありがとう。

付き合ってくれたついでにお願いがある。

防災対策について、なんでもいい。
みんなの持ってる媒体で拡散してくれ。

 

防災は、個人の意識が90パーだ。
個人の意識で救われる命がたくさんある。

個人の意識を高めるための拡散をみんなでしよう。
なんでもいいんだ。
「暑いから水分補給をマメにしましょー。」
ってTwitterでつぶやくだけでもいい。

それで命が救われる人がいるかもしれない。

 

恥ずかしいとかは無しだぜ。
それが空振りは恐れないってことだ!!

 

防災対策とは命を守るための行動。

大事な人を守るための覚悟。

 

そこにあるのは情熱だ!!!!!

情熱ブログを見てくれているみんな。
今年の夏は、大げさに防災を語って、災害で誰も死なない日本への一歩を踏み出そう。