人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

人生の交差点の渡り方。全人類よ、思考せよ!!

 

〇今が人生の頑張り時だ
〇苦しくても乗り切れ
〇やめたら何も残らない
〇諦めちゃダメだ
〇逃げたら終わりだ

これらは誰かに何かを相談されたときの最も簡単なアドバイスだ。

 

とにかく頑張れよ!

お前なら出来るって!

 

なんだかんだ頑張るって必要だしな。

 

でもさ、これで解決することと、しないことがある。

やめることが正しいこともある。
諦めることで他が見えてくることもある。
逃げることで幸せになることもある。

 

この判断。
どっちを選ぶのか。
頑張るのか、やめるのか。

これこそが人生の交差点ってやつだ。

 

そして人生の交差点に信号はない。
標識もない。

確実な正解はない。
でも選ばなきゃいけない。

f:id:t4121aka:20190414142557p:plain

嫌な仕事は我慢?

最近、職場でこんな人がいた。

「この仕事はできません。」
「別の仕事に変えてください。」

 

これどう思う?

 

・ふざけんな!
・サラリーマンは組織に従うべきだ!
・嫌でもやるしかないだろ!

or

・向いてないなら仕方ない。
・嫌な仕事をやる必要はない
・得意な仕事をした方が効率がいい

 

どっちだろう?

 

サラリーマンの配属や担当は人事部門が決める。
人が人の居場所を決めるのだ。

普通のサラリーマンなら1日8時間、週40時間の過ごし方。
昼休みや通勤時間を含めると1日10時間以上の生活を人が決めるのだ。

完璧な人間などいない。
大きな組織になればなるほど人事にエラーはつきものだろう。

 

本人のやる気や能力の問題なのか?

人事部門のミスなのか?

 

どっちがどうの議論には意味がない。
そもそも無理なんだから。
そもそも無理なことをやってるんだから。

人が人の生活を決めるなんて無理なんだから。

 

苦しいときは成長するとき?

苦しいときは休めばいい。

当たり前の話だ。
本当に、どう考えても当たり前の話だ。

 

でも、なかなかそうはいかないよな。

〇今、頑張れば将来のためになるから…
〇苦しいときに頑張れば成長する

こんな言葉がチラつくから。

 

まったく人間ってなんだろうな。
どうしたらいいんだろう…

 

俺も苦しいときがあった。
俺の会社で最も忙しいと言われている部署にいたとき。

毎日、深夜まで仕事をしていた。
土日も祝日も関係なかった。

6年間のほとんどの時間を職場で過ごした。

 

特に初めの1~2年は苦しかった。
仕事を覚えながら膨大な業務量をこなす。
何度もやめてやろうかと思った。

でも俺は乗り切った。
3年目くらいからは楽しくもなっていた。

 

そして今、思う。
あのときの経験は確実に自分を成長させたと。
あれが無かったら自分はダメだっただろうと。

 

でも、それは“たまたま”なんだよな。
”たまたま”俺には合ってたんだ。

時間の拘束は凄まじかったけど、俺を成長させてくれる仕事だったんだ。
苦しいと思ってたけど、実は自分に合った仕事だったんだろう。

 

でも、みんながそうとは限らない。

「あの部署に行ったら苦しいけど絶対に成長できる」

他人にこんな無責任なことは言えない。
自分に起こったことが、他人に起こるとは限らない。
人によって合う合わないがあるんだから。

 

苦しいときは人を成長させる。
でも苦しいだけの場合もあるんだ。

 

やめる、逃げるはダメなのか?

もうマジ無理!

やめる、逃げる。
これも選択だよな。

 

小学校でいじめられている子どもが別の学校に行く。
勇気ある行動だよな。
責める人はいない。
そもそも、これを「逃げる」なんて言い方はしたくない。

 

この4月にうちの息子は高校生になった。

先日、

「学校がおもしろくない。」

と言い出して数日間、学校を休んだ。

 

理由を聞くと、

「友達ができない。」

ってことだった。

 

ん?

無視されたり、嫌なことをされたりは?

 

「それはまったくない。」
「話しかけてくれる人もいるし、ラインの交換もした。」

 

んん?

いい感じじゃん?

 

「恥ずかしい。自分から話せない。」
「けど、みんなともっとワイワイしたい。」

 

小学生からサッカーをやっている息子。
弱小田舎チームの中だけど、エース的な存在だった。

そんな息子の周りにはいつも友達がいた。
サッカーの上手さからくる人気者だった。
勝手にみんなが集まっていた。

みんなに囲まれてワイワイ。きゃっきゃ。
いつもそうだった。

 

でも、地元を離れ高校に入学した。
誰も息子のサッカーのことなんて知らない。

いきなり人気者になれる理由はない。

ワイワイ、きゃっきゃしたいのなら、自分が行動しなければならない。
自分から話しかけたり、誘ったり、コミュニケーションを取らなければならない。

それを恥ずかしいからできない。
そして学校が楽しくないとな。

 

俺はこう伝えた。

「本当に嫌なら高校を辞めてもいい。」
「でも、辞めるなら、まずは話しかけてみたら?」
「どうせ辞めるんなら、どう思われてもいいじゃん。」
「積極的に頑張ってみろよ!」

 

要するに、

乗り切れ!頑張れ!負けるな!

一番簡単なアドバイスをしたんだ。
いじめ的なことがないか、何か心配事はないか、言葉、表情を全力で観察しながら。

 

息子は今が踏ん張りどころだと思ったんだ。

 

今までは勝手に人気者。
でも、一生それが続くわけがない。

人と関わること、コミュニケーションをとること。
これを身に付けることは生きるために必須だ。

それを身に付けるチャンスだと思ったんだ。

 

でもさ、この判断も正しいとは限らないよな。

俺は本気で観察して、話して、考えた。
つもりだ。

でも、我が子とは言え全てが分かるはずがない。
もしかしたら、俺の想像を絶するほど学校が嫌なのかもしれない。

 

難しいな、人生って。
特に人の人生へのアドバイスは困難を極めるわ。

頑張るのか、やめるのか、逃げるのか。
人生の難しさの最高峰だ。

 

思考するということ

〇人が人の生活を正しく決めるのは無理。
〇人には合う合わないがある。
〇人へのアドバイスは困難を極める。

 

結局さ、自分で考えるしかないんだよな。

 

 ・今が踏ん張り時なのか?
 ・今は頑張り時なのか?
 ・今頑張れば成長するのか?
 ・今は休む時なのか?
 ・辞めた方がいいのか?
 ・逃げるが勝ちの場面なのか?

 

人に相談するのも大事だけど、
結局、自分で考えるしかないんだ。

そして、選択を繰り返していく。
交差点でどっちに進むか何度も選んでいく。

 

それが人生なのだろう。
だから、より人生を楽しむためには、思考力だ!

 

自分で考えて答えを出す能力が最重要だ!

 

 ・お母さんどうしよう。
 ・お父さんに聞いてみる。
 ・だって先生が…
 ・○○課長が言ってたんで。
 ・お前の言うことなら聞くよ。
 ・あなたがいないと生きていけない。

 

はっきり言わせてもらうけどさ、

これ全部いらない!!!

 

自分で考えるのだ!決めるのだ!

 

人は頼っていい。
人に助けを求めることは大切だ。

決して一人で生きていけってことではない。

 

だけど決めるのは自分だってことだ。
人に依存してはならない。

 

子育てで重要なことは、

「自分で考える訓練」を自然にしてあげることだと思っている。

↓ ↓ ↓

 

www.taka.work

これさえあれば何とかなるだろ、人生って…
楽しく生きていけるだろうと。

 

息子は少しずつ頑張っているようだ。
学校が楽しくなればいいなあっと思っている。

でも、それも含めて息子の人生。
最後に何かを決めるのは本人だ。

 

だから、俺ももっと自分の人生を考える。

ある意味、息子は素直だ。

自分の気持ちに正直に、

「学校がおもしろくない。」

っと数日間、学校を休んだ。

 

俺はどうなんだ?
嫌なことを我慢してないか?
他にやりたいことがあるんじゃないのか?

息子に人生の楽しさを語れるほど、俺は人生を楽しんでいるのか?

自分こそもっと思考しなければならないんじゃないのか?

 

これからも交差点はたくさんあるだろう。

どの道を選ぶのかマジで難しいぜ。