人生の教科書 by 情熱中年サラリーマン

情熱中年サラリーマンの自由と情熱のブログ!若者にメッセージを!大人には勇気を!!ベテランの生の人生を基に、人生の教科書的なブログを目指してます。人生に迷う方々!!ぜひ読んでみてください!何か「気づき」があるはずです。

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

Twitterのスポンサーについて語ってみるとするか。

ブログを始めて約100日。
ブログとほぼ同時にTwitterも始めた。

Twitterのフォロワーさんは1700人を超えた。
色んな人を見てきたし、多くの人と仲良くなった。

仲良くしてくれる皆さん、本当にありがとうございます!

 

今日はTwitterのスポンサーについて語ってみるとする。
正直、こんなことに持論を述べるのは怖い。

力のある人の気分を害するかもしれないし、
その人のファンを傷つけるかもしれないから。

 

でも、俺に素晴らしいフィールドを与えてくれたTwitter

その場所で色んな議論が湧き起こっている。
これを見て見ぬフリをするのは違うかなあと。

だから俺は俺の考え方を書こうと思う。
決して誰かを批判したいわけではないことは初めに言っておく。

 

Twitterのスポンサーとは?

Twitterのスポンサーとは、フォロワーの多い人のスポンサーになることを言う。

 

自分より発信力の高い人にお金を払って、自分を宣伝してもらう。

〇自分の発信を多くの人に伝えたい人
〇一気にフォロワーを増やしたい人

そんな人が手っ取り早く発信力を高めることができるのだ。

フォロワーが少ない自分の発信を、フォロワー1万人の人に拡散してもらう。
自分のアカウントのフォロワーが増えるように手伝ってもらう。 

 

要するに発信力をお金で買うってことだ。

 

新聞にお金を出して広告を打つ。
テレビCMを流す。

これに似ている。

 

具体的な方法としては

 ・プロフィール欄にアカウントを載せてもらう
 ・ツイートにいいね、RTをしてもらう
 ・宣伝ツイートをしてもらう
 ・Twitterについてアドバイスをもらう

などなどだ。

 

金額は人によってまちまち。
1000円~って人もいれば、30000円~って人もいる。

 

で、これが荒れるんだわ。

結局、金かよ!

って荒れるんだ。

 

今まで普通にフォローしてた人が、急にフォロワー数を背景にした発信力を使ってお金を稼ぐ。

誤解を恐れずに言うと、フォロワー数で金儲けするってことだ。

「いつもありがとう。」
「感謝してます。」
「これからもドンドン絡んでください。」
「もっと発信力をつけてフォロワーさんに還元します!」

こんなことを言ってた人が金儲けを始める。

 

おいおいおい!

還元って???
金とるのか???

ってなるのだろう。

んー、まあ分からんではない。

 

でもさ、俺は思う。

どうでもよくね??

 

金儲けに嫌悪感がある人もいるのだろうけど、金を払う人もいるんだ。

そこには需要と供給が成り立っている。

押し売りでもしてない限り自由だよな?

 

なんで荒れるのか?

自由だってことには極論的にみんな賛成だろう。
法を犯さない限り自由だよな、別に。

あとは心象的な問題だ。

じゃあなんで荒れるのか?

 

f:id:t4121aka:20190512212247p:plain

多分、分からないんだよな。
なぜ急に金儲けが始まったのか、
なんでスポンサー募集を始めたのか分からないからだろう。

 

フォロワーが0人のときから、

「フォロワー1万人を目指します。」
「1万人になったら発信力でお金を稼ぎます。」

こうやって言ってれば、別に荒れなかったのだろう。

 

デザイナーが、名前を売るために無料でデザインを手掛ける。
ミュージシャンの卵が路上で無料ライブをする。

これらも始めは無料だ。
でも、みんな分かってるよな。

いつかその道で金を稼ぎたいんだろうと。
そのために今は無料で頑張ってるのだろうと。

暗黙の了解でみんな分かってる。

 

でもTwitterは分からない。

一生懸命フォロワーを増やした後に、
無料で多くの人に優しく接した後に、

金を稼ごうとしてることを想像できる人は少ない。

だから、「あれ?」ってなるのだろう。

「お金儲けのために応援してたんじゃない!」
ってなるのだろう。

 

Twitterのフォロワー増加からスポンサー募集まで

ここで俺が見てきたフォロワーを一気に増やす方法を書いておく。

なんせ1700人くらいしかフォロワーがいない俺が言うことだ。

参考程度に見てくれ。

 

Twitter始める

②とにかくイベント
 (相互フォロー、リツイート祭り)

③ある程度フォロワーが増えてくる

④感謝、感謝、感謝ツイート連発
 (こんなにフォロワーが増えたのは皆さんのおかげです。)

⑤恩返し、恩返し、恩返しイベント連発
 (皆さんのツイートを拡散します。など)

⑥自分のことを語る
 (自分はこんな人間。辛いこともあったんだ…)

⑦質問形式のツイート。フォロワーにリプを求める
 (リプを集めることで更に発信力を高める)

⑧将来の目標を語る
 (スポンサー募集のストーリー)

⑨スポンサー募集

 

全て全員一緒ってわけではないが、一気にフォロワーを増やす人は大体こんな感じ。

イベントと相互フォローの連続でフォロワーを急増させ、いい感じのことをつぶやく。
そこに自分の過去や現在、未来を語り信頼を得ていく。
そしてフォロワーが一定数に達し、安定してきたところでスポンサーを募集。

素直にすげえって思う。

Twitterを始めたときから、しっかりと先を見て活動しているのだろう。

しっかりとマネタイズしてるのだろう。

俺みたいに「楽しい」「嬉しい」って子どもみたいなヤツとは大違いだ。

 

個人批判はダメ

こうやってイベントの連発をする人、スポンサー募集をした人が批判されることは少なくない。
よくあることだ。

 

でもさ、もう人を批判するのはやめないか?

 

人は人、自分は自分。

人がどうしようと、どうでもいいだろ?

 

どうしても嫌ならフォローを外せばいいだけだ。

・スポンサー募集をする人もいる。
・金を払ってでも発信力が欲しい人もいる。
Twitterでの金儲けが嫌いな人もいる。

色んな人がいるんだ。
フォロワーの増やし方も同じ。

別になんだっていいんだよ。
自分は自分のやり方をすればいいだけだ。

 

自分は自分の考え方を持ってればそれでいい。
他人を批判する必要はない。

自由なんだから。

 

俺の考え方

人には人の考え方がある。
そして当然、俺には俺の考え方がある。

 

俺は絶対にやらない!

誰かを宣伝するために金をもらうことは絶対にしない。
(そもそもそんな発信力はないけど…)

金を払ってスポンサーになることもない。

なんせ今が楽しいから。

ドラクエでもさ、いきなりレベル99から始まったらどうよ?
楽かもしれないけど、面白いかな?
俺はそれでは楽しめない。
レベル1から順番に経験値を貯めていきたいんだ!

そうやって積み上げないと、何かダメな気がするんだよな、俺の場合は。

 

だけど、これはあくまで俺の考え方。
人には人の考え方がある。

だから誰かを批判しようなんて思わない。
あ、俺とは違うんだなあ、くらいのもんだ。

色んな人がいてこそ楽しいしな。

 

とにかく結論は単純だ!

Twitterでスポンサーを募集することについて、

①どうでもいい。自由だ。
②俺は絶対にやらない!
③人の批判はダメ
④嫌ならフォローを外せ

以上だ!!!

 

拝啓。Twitter

なあ、Twitter
俺はお前に本当に感謝してる。

お前はさ、色んな人と繋がるための接着剤みたいだ。
たくさんの人との出会い、本当にありがとう。

 

ブログもさ、お前が無かったら続けられなかっただろう。
Twitterからの流入が一番多いし、ありがたい感想もTwitterが多い。

 

俺は毎朝Twitterで挨拶をするんだ。
情熱的なおはようを毎日つぶやいている。

もう朝の日課だよ。
起きてさ、トイレに行って、顔を洗って、歯磨きをして、それからツイートするんだ。

歯磨きしながら内容を考えている。

これが朝のスイッチだ。
よし、今日も頑張るぞのスイッチなんだ。

 

みんな色々とあるみたいだけど、俺は100%楽しんでる。
よくフォロワーが1000人超えたらアンチが出てくるっていうけど、
俺は今までそんな人に出会ったことがない。

優しい皆さんに囲まれて本当に最高に幸せだ。

 

Twitter、お前はさ、

〇日々、アンテナを張って情報収集すること
〇140文字以内で分かりやすく簡潔な文章をつくること
〇初対面、顔の見えない人と関わることによるコミュニケーション能力

色んな成長を促してくれる。

ほんと最高のフォーマットだ。

 

スポンサーがどうだ?
金儲けがどうだ?
アンチがどうだ?

俺にはまったく関係ない。
心からどうでもいいと思ってる。

 

俺にとってお前はビジネスの場所じゃない。
とにかく楽しい場所だ。

 

子どもの頃によく行ってた近所の公園みたいだ。

親が共働きだったからさ、一人で暇だなあって思ったら、その公園に行くんだ。

するとそこには誰かがいるんだ。
いつもの友達もいるし、知らない人もいる。

その公園のみんなは仲間なんだ。
話したり遊んだりする人はもちろん、
直接じゃなくても、ボールを拾ってくれたり、滑り台の順番待ちをしたり、何かの形で関わる仲間だ。

Twitterもそうだよな。

直接やりとりをする人
直接は絡まないけど、ツイートは見てる人

色んな人が集まってTwitterだ。

そして全員がTwitter仲間だよな。

そんな場所が俺は大好きだ!

 

みんな、自分の自由な意見を発信しよう。

自由に楽しもう!

ブランコでも滑り台でも砂場でもいいんだ。
思い思いに楽しめばいいんだ!

楽しむことに人の批判はいらないはずだ!!