情熱中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき~人生をガラガラポン!~

情熱中年サラリーマンの熱さと自由のブログ!後悔と決意とつぶやき。熱い想いを書き殴る「拝啓。〇〇様」ネタは必見!若者にメッセージを!中年には勇気を!!人生ガラガラポン!

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

【セクハラ、パワハラの対応方法】余計なことをしない事と余計なことをしておく事が大事になったって話

【目次】

 

世知辛い世の中なう

セクハラ、パワハラ・・・
モンスターペアレント、クレーマー・・・
マスコミの発言切り取り報道・・・
毎日毎日、誰かが炎上している。
 
世知辛い世の中になったもんだよ。
てか世知辛いって書くのにも勇気がいるよ。
そんな世の中だ。 

セクハラ、パワハラとは?

さわやか親父のAさん。
Aさんは女性社員と恋愛の話もするし、
一緒にランチにも行く。
女性社員もまったく嫌がっていない。
一方、小太り汗かき親父のBさん。
Bさんが女性社員に話しかけると鳥肌もんだ。
女性社員は仕事でしか関わりたくない。
 
こんな状況あるよね。
問題は行動じゃない。
相手との関係性だ。
自分が誰で、相手が誰なのかが最も重要。
もちろん男女が反対でも同じ。
 
パワハラでも似ている。
尊敬できる上司の命令なら無理もする。
嫌な上司の命令は「訴えてやる!」とな。
 
モンスターペアレントもクレーマーもそう。
相手によって態度を変える。
切り取り報道は分かるよね。
何を言ったかより誰が言ったか。
 
大事なのは、

  • 空気を読む力
  • 自分を客観視すること
  • 大丈夫なラインを感じ取る能力と経験

相手が嫌がってないか?
常に考えて行動することが大事だ。 

失敗は許されない

まあ皆そんなことは分かってる。
分かっていても難しい。
100%、人の心を読むことは無理だ。
 
だから失敗することもある。

  • それはセクハラですよ!
  • パワハラで訴えます!
  • あなた今〇〇って言いましたね

失敗すると炎上だ。
巻き起こるバッシングの嵐。
ひたすら責められる。
謝罪、謝罪、謝罪の連続。
ワイドショーで連日放送。
関係ないコメンテーターから最低の人間呼ばわり。
誰だお前は・・・?
SNSで拡散される。
個人情報が特定される。
 
こんな状況になることも少なくない。
怖いよね。失敗したら終わり。
セクハラ・パワハラヤロー認定は人生の終わりを意味する。
 
今はこういう世の中だ。
失敗が許されない世の中だ。

 

ディフェンス重視へ

こうなったら防御だ。
完全なるディフェンスだ。
もう攻めない。
点は取らなくていい。
失点のリスクがでかすぎる。
失点だけは何がなんでも防ぐのだ。
 
さっきのAさんとBさんで言えば、
Bさんが余計な話を女性社員にしないのは当たり前。
違うのはAさん。Bさんと同じ行動をする。
余計な話はしない。
ランチにも誘わない。
防御に徹する。
もう空気を読む、
相手が嫌がっていないか考えるなんて
言ってられない。
全て嫌がられているとの前提。
 
最大のディフェンスは
なるべく人に話しかけないこと。
セクハラ、パワハラの最大の予防策は
他人になるべく関わらないことだ 

近所のラーメン屋の話

昔ながらの店構えで、古く、汚く、店主と妻で運営。
店主は頑固親父で味はいい。
近所にこんなラーメン屋がある。 
 
先日、久しぶりにこの店に行った。
店はほぼ満員、相席で座っている状況だ。
二人とも忙しそうだ。
そして二人とも機嫌が悪そうだ。
 
俺は人気メニューの味噌ラーメンを頼んだ。
この店では8割が味噌ラーメンを注文する。
混んでる時は味噌ラーメンを頼むのが暗黙の了解だ。
別を注文(特にご飯もの)すると
平気で1時間とか待たされる。
理不尽だがとにかく味噌ラーメンが優先される店だ。
 
そんな中、ある客が注文する。
「すいません。天津飯ください。」
 
(あーあ、やっちまったな。あの客めっちゃ待たされるよ。しかもあの機嫌じゃ嫌味の一つも言われそうだな。いわゆるクールポコ状態だな。やっちやったなあー!)
 
俺はこんなことを考えていた。
するとその時。
 
店主「はいよ、ちょっとお時間いただいていいですか?」
 
な、なんだと!
嫌味はどうした?
前は違っただろ。
嫌そうに
「はいはい天津飯ね」
って感じだっただろ。
しばらく作る気がないのが
声に出てたじゃないか。
 
より機嫌が悪い時には、
「味噌じゃだめなの?」
って客の注文を変えようとすらしてたじゃないか。
  
それになんだ?
ちょっとお時間をだと?
お前そんなこと全く気にしてなかったじゃねえか。
客の都合も順番も関係なし。
全てにおいて味噌ラーメンを優先してただろ。 

頑固親父の変化の理由 

まあ多分あれだな。
怒られたんだな。
待たせすぎて誰かに怒られたんだろう。
そのクレーム対応が面倒だったんだろう。
だから事前に言うことにしたんだな。
その一言で後が全然違うもんな。
後で面倒にならないように、
先に面倒なことをしているんだよな。
 
ああ世知辛いなあ。
 
この親父。
当然、賛否両論はあるだろう。
前がおかしいって意見ももっともだ。
けど今言いたいのは、親父の態度の賛否じゃなくて
親父が変わったってことだ。
 
「前は言わなくてもよかった」
ことを
「今は言わなくてはいけなくなった」
ってことだ。
 
あの頑固親父でさえもそうなったのかと。
リスク管理のために
余計なことを話すようになったのだ。 

リスク管理って何なんだ?

セクハラ、パワハラの防止方法は余計な話をしないこと。
クレームの防止方法は余計な話をしておくこと。
この矛盾する二つが両立している。
これが今の社会のリスク管理なんだろう。
 
これってどうなんだ?
こういうものなのか?
寂しく感じるのは俺が古い人間だからか?
 
当然ダメなものはダメだよ。
男女関係なくセクハラもパワハラもダメ。
 
だけど、やっぱりそこには
空気を読むって行動を挟みたい。
機械的に、これは✖、あれは〇は寂しすぎる。
「俺の店はこうなんだ!」
ってラーメン屋があってもいいじゃないか。
それでも潰れてないんだから。
ほとんどの客はそれで良かったんだよ。 

今どきのKY

ちょっと古いけど「KY」って言葉があったよな。
K(空気を)Y(読まない)って意味で使われていた。
 
これ今はさ、
K(空気を読んで) Y((何も)やらない)
K(空気を読んで) Y((先に)言っておく)
になってるんじゃないか?
 
空気を読まないじゃなくて、変に空気を読む。
てか、読んでいるフリをする。
実は考えることを放棄している。
考えない、戦わない。
対戦前から白旗だ。
それが今時の空気を読むということだ。 

まとめ

今の世の中では、
余計なことをしないけど、
余計なことをすることが大事になった。
矛盾しているように聞こえるけど、こういう事だ。

 
本当に世知辛い世の中になったもんだ。
もっと人間味あふれる世の中が俺は好きだなあ。


 ・・・・・・・・・・・・


って言いながら、俺もリスク管理しとくか・・・
セクハラ、パワハラは絶対にダメです!
これらを肯定する意図はまったくありません。
また明らかなセクハラ、パワハラ行為は論外です。
今回語ったのは、あくまで人によってジャッジが変わるグレーゾーンの行動の事です。
こういった事の被害にあった方に不快な思いをさせてしまっていたらすみません。
ご指摘ください。
 
いやー、世知辛い・・・