情熱中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき~人生をガラガラポン!~

情熱中年サラリーマンの熱さと自由のブログ!後悔と決意とつぶやき。熱い想いを書き殴る「拝啓。〇〇様」ネタは必見!若者にメッセージを!中年には勇気を!!人生ガラガラポン!

中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき

統計不正問題の本質とは?答えはこれだ!〇〇がないんだよ!!

【目次】

 

統計不正問題の本質

f:id:t4121aka:20190323202825p:plain

世間を揺るがす厚労省の統計不正問題。
テレビでも、新聞でも、ネットでも、ごちゃごちゃ言ってるけどさ。
イマイチ本質を突いていない。

アベノミクスがどうのって?
政治への忖度がどうのって?

カンケーねーよ。
アベノミクスのずっとずっと前からダメだったんだよ。
不正、不正って言ってるけど、「不正」というよりは「杜撰」だ。
要はテキトーなんだ。

え、けどやってるの公務員でしょ?
そうだよ、やってるのは真面目と堅さが売りの公務員だ。

なんで真面目な公務員がテキトーな統計をするのか?
それはな、俺が言ってるいつものやつだよ、そう、あれだよ、あれ。
 
情熱とロマンだよ!!

・・・・・・・・・・

ってことで語っていきたい。

統計とは?

f:id:t4121aka:20190323202937p:plain

そもそも「統計」とは、

  • それまでの政治行政の成果を評価
  • これからの政治行政の方向性を決める

この2点において基となる重要なものだ。
嘘があってはならない。

正しい統計をすることは当たり前中の当たり前だ。
そう、クラッカーだ笑

統計が嘘だと国が進むべき道を間違う危険がある。
国民を不幸にしかねない。

そんなことは大臣も担当者も分かっているはずだ。
分かってるのに何でこんな事が起こるのかって話なんだ。


その本質を明らかにしないとダメ。
誰かをクビにしたところで本当の意味での解決にはならない。
根本を解決しないと同じことが起こってしまう。 


その解決すべき根本の本質が「情熱」と「ロマン」だ!!

 

統計に情熱??

「統計」を自分がやると想像してみてほしい。
統計だよ、統計。

 

調査して数値化、検証、分析、考察。
楽しいかな?統計って・・・
少なくても俺は楽しめないな。


「統計こそ天職!めちゃめちゃ楽しい。」
って人がいたらごめんなさい。
決して職業差別や蔑視をしたいわけではない。


だけど事実、一般的には統計を楽めない人が多いと思う。
楽しめていないと情熱を持てない。
そうなると、その仕事にはロマンがなくなるんだ。 

 
官僚は、
「政策を守る、調整する、作る、変える、実行する」


これが仕事の楽しい部分(それも楽しんでいるかどうかは知らないが)なわけで、「統計」はその途中の手段だ。


手段である「統計」自体を楽しんでいる人はいないだろう。


当然、外部委託していると思うけど、やっぱりそれでも発注者側の勢い、熱意で中身は大きく変わる。
発注者に熱意がなければ、受託者も「この程度で」になるのは当たり前だ。

 

不正防止策

この問題を受けて、

  • 外部機関でチェックを
  • 統計事務専門の別組織「統計庁」」の設置

などの解決策も聞こえてくる。
そうだね、確かにその通りだ。
「統計」という事務自体を外に出すことは賛成だ。

公務の評価は難しい。
「売上」などの分かりやすい評価指標がないからね。
どうしても成果が見えにくく、ボヤっとしてしまう。


「どれだけ売れたか?」は簡単だけど、
「どれだけ国民生活が良くなったか?」は難しい。


だからこそ「統計」が重要になる。
だから統計を別組織が担うことはいいことだ。
同じ組織だと成果をよく見せようとしてしまうおそれがあるからね。

 

根本的な解決策

だけど、まずはもっと根本的なことを考えるべきだ。
「統計」を楽しんでいる人は少ない。


やりたくてやっている人は、ほとんどいないだろう。
だから、テキトーになっている。

もうそれならさ、ヒトがやるのを止めたらどうかな。
完全機械化して、Enterキーを押すだけにしたらどうだろう。

f:id:t4121aka:20190323203325p:plain




個人情報の壁や、どうやって情報収集するかとか、たくさんの課題はあるだろう。
マイナンバーを今よりもっとフル活用する必要もあるだろう。


そんなことできるわけない、最後は人間じゃないとダメだ!
って声が聞こえてきそうだ。

けどさ、その仕事ならさ、
統計の仕事をなくす(ヒトから機械へ)仕事ならさ、
割と楽しくできるんじゃないのかな。
 
だって、
今後一切、統計の不正がなくなるんだぜ?
国民に半永久的に正しい「統計」が届けられるんだぜ?
それがひいては、より良い政策につながるんだぜ?
要するに、そのおかげでもっと「いい国」にできるんだぜ?

もちろん人件費も削減できる。

そう、そこの官僚さん、あなたのおかげで、もっといい国になるんだ!

 

情熱とロマンで人生を楽しむ国

そういうことだ。
ワクワクするだろ?
ワクワクしない仕事をなくす仕事はワクワクするものだ。


人間ワクワクがないとダメなんだ。
楽しかったらそこにロマンが生まれる。
ロマンが生まれたら、その仕事に情熱が注げるんだ。
そしたら絶対にできる。いいものができる。
絶対にできるんだよ。

f:id:t4121aka:20190323203137p:plain


 

「統計」を楽しめないなら、完全機械化してヒトは楽しめる仕事をするべきだ。


今は仕事を楽しむのはフリーランスだけの専売特許ではない。
サラリーマンだって、公務員だって、
面白くない、めんどくさい仕事は機械に任せて、楽しめる仕事に集中する時代だ。

 

もう既に、それなりに機械化してる、自動集計してるって言われるかもしれない。


けど、そうじゃない!

 

完全なる機械化だ!
Enterキーを押すだけにするのだ!


優秀な官僚ならできるはずだ!
国の中枢にいる官僚が、お堅い職業の代表格の公務員が、
全力で、仕事も含め、人生を楽しめる国。

 

そんな国っていいよな!

 

日本の公務員サイコー!って、外国人に自慢させてくれ!